2017年 新年のご挨拶/中野敦之

2017年1月 1日 Posted in 2017
top1_170101.jpg



皆さま、新年あけましておめでとうございます。
 
昨年は劇団初期からの悲願であった『腰巻お仙〜振袖火事の巻』を、初演の地である新宿中央公園で達成することができました。
大学3年の時に前作『腰巻お仙〜義理人情いろはにほへと篇』で出発した私たちには、感慨もひとしおでした。
公演の際に、多くの方に協力や応援を頂きました。
劇団をやってきて本当に良かったと感じております。
 
さて、ただいま新年早々ですが。
我が劇団唐ゼミは、暮れも暮れまで紛糾しておりました。
と言いますのも、今年は年一本の演目で勝負しようと考えているからです。
これから外部出演情報を順々に紹介していきますが、今年はそれぞれ他流試合に力を入れようと決意しております。
それぞれにお話を頂く機会が増えましたので、ここは、演出家、役者、舞台監督として、
劇団外部に向かってバンバン勝負を繰り広げる年にしたいと考えました。
しかしまさか、あの重村大介に、外部で主役をやる日が来ようとは......。
中野も、熊野も、ワダも、林も、齋藤も、これまで唐ゼミ⭐︎で培った力を生かし、存分に働いて活躍しようと誓い合っています。
 
そのようなわけで、劇団の本公演は今年は一本が目標です。
おのずと乾坤一擲の公演でなりませんので、暮れまで劇団内は紛糾し、会議や候補作の読み合わせを繰り返すことになったのです。
この集いは、年明けもひたすら続くことになるでしょう。
演目や場所が決まったら改めてお知らせします。このようなプロセスを経て辿りつく必殺の公演に、どうかご期待ください。
あまり間があいて腕が鈍ってもいけませんし、小規模な番外公演を持つ可能性も視野に入れています。
これも決定次第ご案内して参りますので、注目していてください。
 
代表の中野は酉年の年男。
力、大いに入ってます!


2017年  元日  
劇団唐ゼミ☆ 中野敦之