5/11(火)とくめぐみ俳優ワークショップ レポート

2021年5月11日 Posted in とくめぐみの俳優ワークショップ
コロナ禍のゴールデンウィーク、皆さんどのように過ごされたでしょうか。
GW最終日の9日は、7回目のとくめぐみ俳優ワークショップでした。
初参加の方を含め5名の方と一緒に学び、活気のある2時間となりました。

まずはしっかりとストレッチをし、身体と顔から余計な力を抜き
リラックスした状態を作ります。
以前も書きましたが、私は顔のストレッチが好きです。
途中とてもひどい顔になりますが、終わるとスッキリします。
舌をしっかり動かすストレッチの後、禿さんが頭頂部をマッサージしながら
「これ(舌のストレッチ)やると、私は頭が痛くなるんですよね」と。
実は私も毎回、頭頂部が痛くなる。これがまた効いてる感じがして好きなのですが
結構痛いです・・・。

ブログ 5.11  2.jpg

そして呼吸。呼吸の道筋を探る。
こちらも毎回やっていると段々、道筋をしっかり意識できるようになります。
鼻から吸い、吸った息が頭頂部、後頭部と頭をそって入っていくイメージ。
そして、吐く時にまたゆっくり同じ道筋を通って戻ってくるイメージ。
このイメージは科白を言う時にも役にたつのです。
詳しくは、ワークショップで!

さあ、しっかりと体が柔らかくなったところで、後半戦。
声を出していきます。
『唐版 風の又三郎』の科白に行く前に、
今回は、科白、言葉の意味をしっかり実感して、そして声に出す
というところに着目して練習しました。

喜怒哀楽を表す言葉。
例えば、嬉しい、楽しい、悲しい、辛い...等々。
その感情をしっかりと自分で実感して、「うれしい」と言ってみる。
自分がしっかり実感して科白を言わなければ、お客様には伝わりません。
参加者の皆さんに実践して頂きました。
皆さんそれぞれとても実感がこもっていて、素敵でした!

この後、『唐版 風の又三郎』の織部の科白に移ります。
長科白のうちの3行。
役者が科白を言う時は、同時に沢山のことを考え、沢山のことを行いますが
今回は、感情の切り替え、距離感に注目して言ってみました。
初めての方には、何度も繰り返しやってみてもらいましたので、少しずつ何かを
感じて頂けてたのではないかと思います。
毎回参加して下さっている方々は、目に見えて変化があり
聞いている私もドキドキしました。


終了後に、参加者の皆さんの感想では以下のようなことがありました。

・呼吸と自分の体がバラバラだということに気づきました(初参加)
・織部の科白は何度も聞いているし、中野さんのWSでも扱っているが
いつもと違う視点で触れることができて、面白かった。
・呼吸と科白の関係であったり、感情の切り替えであったり
これまでWSで聞いてきたことがだんだんわかってきました

是非、多くの方に、俳優がどんなことをやっているのかを
ワークショップで体感していただけたらいいなと思います。

では、また来週!


とくめぐみ俳優ワークショップ 詳細

ワークショップが、毎週開催になりました!!!
ご予約お待ちしております。


4/26(月) とくめぐみの俳優ワークショップ レポート (菊池)

2021年4月26日 Posted in とくめぐみの俳優ワークショップ
こんにちは!菊池です!今回も『とくめぐみの俳優ワークショップ』の
レポートを担当させて頂きます。
気づけば今回で6回目。今回は常連の方や久しぶりの
ご参加の方と共に2時間濃い内容で行いました!


【今回のメニュー】
①ウォーミングアップ
②呼吸の仕方・息の使い方
③ テキスト(『唐版 風の又三郎』の一部抜粋)を使用しての実践


【今回のメニューの実施】
①「ウォーミングアップ」
今回もいつもの通りウォーミングアップからスタートです。
簡単な準備体操をしたり顔の表情筋をほぐしたり。
そして今回は筋トレの一環で新しくスクワットを行いました。
1分だけでしたがなかなか普段使わない筋肉を使いますし、
自分は久しぶりだったのでちょっと大変でした。
"継続は力なり"という言葉がある通り、
ストレッチも筋トレも継続的にやっていくことが大切だと
改めて感じました。

②「呼吸の仕方・息の使い方」
次に呼吸の仕方・使い方について学びました。
ここで大切なのは"自分が呼吸する際の息のルートを確認すること"。
一体どういう事なのでしょう。この呼吸方法をマスターする事で、
客席に届ける為の響く声の出し方を意識する事ができます。
それを学びたいという方は是非次回からのご参加、お待ちしております!


③テキスト(『唐版 風の又三郎』の一部抜粋)を使用しての実践
そして最後に今回学んだ事を振り返りながら
実際に科白を使用しての実践です。
今回も前回に引き続き『唐版 風の又三郎』のシーンを一部抜粋して
"科白(シーン)の具体的なイメージを伝える"
という事にフォーカスを当てて学んでいきました。ポイントとしては、
"科白に描かれた事実を明確に自分でイメージする"
"誰(何)を対象にして喋るかを確かにして科白を喋る"
"話している対象との距離感を意識しながら喋る"
などなど、こればかりでは無く他にも沢山あります。
こうして改めて考えてみると役を演じること、
科白を喋るにはとてつもなくやる事があると感じます。
自分もまだまだ勉強中です。


さて、今回はこのように実践してみる前に科白を喋るにあたって
必要な事をみんなでディスカッションしながら考えていきました。
参加された皆さん、楽しく学べたでしょうか?
まだまだ自分も勉強中なので皆さんと一緒に学んでいこうと思います!

今回も参加して下さった皆様、ありがとうございました!
次回も是非よろしくお願いします。
また、このレポートを読んで気になった方、
次からの参加をお待ちしております!

次回は5月9日(日)16時~18時です。
よろしくお願いします!

オンラインワークショップ
『とくめぐみの俳優ワークショップ』
隔週日曜 16:00 start

128632FE-CCF2-46F2-B620-52F4F5E072AB.jpeg
(写真はメニュー③の実践の様子です。)

4/12(月)とくめぐみの俳優ワークショップ レポート(菊池)

2021年4月12日 Posted in とくめぐみの俳優ワークショップ
 こんにちは。菊池です。今回の「とくめぐみの俳優ワークショップ」の
レポートは私が担当させて頂きます。

今回のワークショップは初回から数えて5回目!
今月からワークショップの時間が30分延び、2時間の講座となりました。


【今回のメニュー】
①「ウォーミングアップ(簡単なストレッチ・筋トレ)」
②「呼吸の仕方・息の使い方」
③「テキスト(『唐版 風の又三郎』の一部抜粋)を使用しての実践」


【今回のメニューの実践】
①「ウォーミングアップ(簡単なストレッチ・筋トレ)」
まずはいつも通りウォーミングアップとして
学校の体育の授業前にやるようなストレッチを行い、
その後、顔をほぐしたり簡単な筋トレをしたりしました。
ストレッチは緊張を解くという意味でもとても大切なものですし、
無駄な力を抜いて講座を受ける為にも大切なこと。
また、舞台に立つ際には怪我防止にも繋がります!


②「呼吸の仕方・息の使い方」
次に呼吸の仕方・息の使い方を習います。
これは言葉を大きく話す為に必要な基礎的な事。
毎回参加して下さる方は段々と上達していく姿が見られ、
継続の効果が出てきています。
今回初めて参加された方も最初は戸惑っておりましたが、
次第に呼吸法を掴めてきていました!
"言葉を大きく話す為の呼吸法って?"
"どうやったらより良い呼吸法を習得できるんだろう..."
そう思った方!是非次回のワークショップからご参加下さいませ!!


③「テキスト(『唐版 風の又三郎』の一部抜粋)を使用しての実践」
そして最後の30分はいよいよ実践です!
今回は唐ゼミも今年に上演を予定している『唐版 風の又三郎』の
冒頭シーンを使用してどの様に喋ると効果的な科白になるのか、
いわゆる技術的な面を学びました。

今回新しく学んだ事は、
"響きを確認する為に科白を母音で喋ってみる"
"口は横に開くのではなく、喉の奥から開いて縦を意識してみる"
という事でした。
例えば、この作品の冒頭シーンで
教授と先生の掛け合いのシーンがあります。ここの科白では、
生徒1「先生、あすこに誰かが立ってます。」
というのがあります。母音で喋ると、
「えんえい、あうおいあえあああっえあう」
となります。
これをまず練習し、その後元の科白を喋ってみると...
なんと、気持ちよくスラスラと言えるようになるのです!
この他にも、盛り上がっていくシーンでの科白の音程のあり方、
テンションのあり方。相手への科白の渡し方、
受け取り方はどの様に意識するべきか。
そしてそれらによって得られる効果を参加者の皆さんと
実践しながら学んでいきました。


いかがでしたでしょうか。
今回はこれでおしまいです!
今回のワークショップで自分の課題も再確認出来ました。

ご参加下さった皆様、ありがとうございました!
これを読んで気になった方はぜひ次回ご参加下さい!

次回は4/25(日)16時~18時です!



zemirogu210412.png





3/30(火)とくめぐみ俳優ワークショップ レポート

2021年3月30日 Posted in とくめぐみの俳優ワークショップ
ちろです、こんにちは。
日曜日は、とくめぐみ俳優ワークショップの4回目でした!
初回から参加して下さっている皆様は、少しリラックスして
受講されてるように感じました。
そして、今回は初参加の方もいらっしゃり、わくわくしました。
ご本人はドキドキしてらしたかもしれませんね。

さて、ストレッチや呼吸のエクササイズから始まり、たっぷり1時間!
今回は想像の水風船を天に投げたり、サッカーボールを蹴ったり
イメージしやすくて楽しかったですね。
何なに?と思った方は、是非、ワークショップにご参加下さいませ!


小休止の後は台本を使ってのパート。
まず前回に引き続き、科白の音階について考えました。
「いいですか?」「だめです」、この会話のキャッチボールから。
相手に言葉をかける、そして相手を受ける。
語尾に注意をおいてやってみました。
たった二言だけですが、なかなか思うようにいかないなあと思いましたが
皆さんはどうだったかしら?

zemirogu210331.jpg



さあ、いよいよ『少女都市からの呼び声』の中の科白を使っての会話。
先程やったキャッチボールのポイントを念頭に置いて
連隊長とフランケの掛け合いをしました。
ここではひとまず、感情云々はちょっと横に置いておいて
ひたすら語尾に集中して、相手を思って科白を投げ、相手をよく聞き、受ける。
日常会話では私たちは意識せずにやっていることなのに
科白となると難しいですね、と禿さんからコメントがあったように
本当に難しい・・・。
これは暫く繰り返しやってみる課題となりそうですね。

次回4月のワークショップから、レッスン時間が延び2時間制となります!!!
これまでより、じっくり科白のレッスンもできそうですね。
お楽しみに!


3/16(火)とくめぐみワークショップ レポート

2021年3月16日 Posted in とくめぐみの俳優ワークショップ Posted in ワークショップ
一昨日、とくめぐみの俳優ワークショップ第3回が開催されました!
私、ちろは初回参加できず、第3回が2回目の参加となりました。
なんか分かりにくいですね、すみません・・・。

IMG_4414.JPG
笑顔の講師、とくめぐみ。

この日は参加者3名と劇団員2名。
ストレッチ、そして呼吸法。
この呼吸法がなかなか難しいのです。
それでも、3回目。皆さん目に見えて進歩してらっしゃる!!
私も毎度汗をかきながら真剣に取り組んでいます。
ワークショップは2週間あいてしまうので、日常生活の合間に
思い出したらやってみるのがいいかなと思っています。

私は呼吸法の前にやる、顔のストレッチが大好きです。
頬の筋肉をほぐしたり舌をしっかり動かしたりすると
とてもスッキリします。

まだワークショップ開始間もないこともあり
禿さんはストレッチをとてもしっかりやります。
ワークショップに限らず、全身のストレッチ(顔も含め)を
しっかりと時間をかけて行うことはとても大事で
その後のパフォーマンスに大きく影響してきます。

そして、いよいよ台本を使ってのパート
今回は、会話や科白の音階について一緒に考えました。
科白の音階?
私も初めて聞いた時は、???となりました。
これを捉えるために、短い科白のやり取りで
相手と会話のキャッチボールをするという実践レッスンをやってみました。
相手の言葉を聞いて、言葉を返す。
どのタイミング、速さ、どんな音で返すのかといったようなことを意識します。
そのためにはまず、相手の言葉、声をよく聞くことが大切です。
オンラインでは少し難しい部分もありながら、何となく理解できたのではないでしょうか。
大事な課題ですから、今後も一緒に考えていきましょう。
今回もあっという間の、1時間半でした!!
次回は、28日(日)です!!



 ちろ

3/2(火)とくめぐみの俳優ワークショップ レポート

2021年3月 2日 Posted in とくめぐみの俳優ワークショップ Posted in ワークショップ
2月28日(日)16:00〜
第2回目「とくめぐみの俳優ワークショップ」開催!
レポートは私椎野が担当いたします。

この日も体、顔、首などストレッチからはじまり
理想の呼吸方法を参加者のみなさんと確認。
まずは繰り返し、回数やるということが上達の基本です。

tokuws0228_4.png
(呼吸方法を手振りとともに)

そして唐作品の科白へと進みます。
この日取り上げたのは『少女都市からの呼び声』の
連隊長の科白。

お前の好きなオテナの塔がある。
でもフランケ二等兵、お前には行けない。
お前の心は、温かすぎる。...

先日の唐組公演では稲荷卓央さんが演じられていました。
実はとくめぐみ、この連隊長の科白を心から愛しています。
劇団唐ゼミ☆で『少女都市からの呼び声』を上演した際、
連隊長役の役者が急遽出演できなくなったので、
連隊長を演じたことがあるのです(!)
(とくめぐみは男性役を演じられる特異な役者です)

今回はこの科白の「イメージイラストを描く」ということを
やりました。制限時間約10分。
科白の情景を具体的にイメージ(絵)にすることによって、
科白に奥行きがではじめます。

今後は、科白をどのように区切るのか、区切らないのか。
「、」の扱いをどうするのか、など、
細かな科白術にせまっていくようです。

次回もお楽しみに!!

tokuws0228_3.png

2/16(火)とくめぐみの俳優ワークショップ レポート(椎野)

2021年2月16日 Posted in とくめぐみの俳優ワークショップ
こんにちは。椎野です。
2月14日(日)ついに『とくめぐみの俳優ワークショップ』
はじまりました!
このワークショップは「呼吸」を主軸に置き、
役者の基礎となる身体をつくるため
じっくりゆっくり少人数制でやっていきます。


ws2021_toku.jpg

初回は自己紹介からはじまり、足、肩、首など全身のストレッチ。
次は口まわり、舌のストレッチを念入りにおこない
いざ、メインディッシュの「呼吸」へ!

「一定量、連続して息を吐く」というこの呼吸法は
参加者一人一人の息を吐く音を確認しながら、
理想像へと禿が調整していきます。
(禿本人も理想に近づくまで3年かかったとのことです)

何が呼吸の理想とされるのか、
そのイメージを共有するところからはじまります。

ワークショップ後に放課後タイムも設けていますので、
「あれってどういうこと?」
という気軽な相談・雑談などで盛り上がりました。

ローマを1日にしてならず!
すこしずつ呼吸方法を磨き上げていきましょう!

次回は、2月28日(日)16:00です!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オンラインワークショップ
『とくめぐみの俳優ワークショップ』
〜呼吸から一緒に探ってみましょう!

ws2021_toku.jpg
言葉を大きく話すための呼吸マスターになること、
余計な力を入れずコントロール可能な状態で
最大のエネルギーを出すこと、を目標に
唐作品の科白を用いて俳優ワークショップを行います!

隔週日曜 
16:00〜17:30(1時間30分・休憩あり)※場合によっては延びる場合もあります
1回につき参加費 500円 ※前払いとなります。
定員制限あり

<スケジュール>
2月14日(日)16:00〜17:30
2月28日(日)16:00〜17:30
3月14日(日)16:00〜17:30
3月28日(日)16:00〜17:30

<ZOOM(オンライン)で必要なもの>
下記の環境が必要になります。

◆インターネットに接続したパソコン、スマホ
◆マイクとスピーカー(パソコン,スマホに内臓の場合は不要)
◆ウェブカメラ(パソコン,スマホに内臓の場合は不要)

<用意するもの>
紙・筆記用具・水

<お願い>
身体を動かすワークショップになります。
立ったり、座ったり、椅子を用いたりします。
両手を伸ばしてもぶつからない程度の広さを確保ください。
声も多少出します。

<内容>
・ストレッチで身体ほぐし
・呼吸でコミュニケーション
・母音でセリフを言ってみよう
・セリフの掛け合いにおける音階をさぐってみよう
・遠くにとばす・強いセリフを言うには
・唐作品の科白を読む
・単語をイメージしてみよう
・絵を書く
など

どうぞ、この機会に是非ご参加ください!!


toku_ws3.jpgのサムネイル画像



toku_ws1.png
(呼吸と科白のイメージをもつ)



<申し込み>

070-1467-9274(劇団携帯)

※ワークショップの詳細や日程など、
お気軽にお問い合わせください。