齋藤亮介 Ryosuke SAITO

前のページへ戻る
齋藤 亮介 (さいとう りょうすけ)
舞台監督、照明、映像編集

生年月日 : 1985年1月4日
出身   : 群馬県高崎市
身長   : 182cm
趣  味 : 読書、漫画、スキー、料理、『仁義なき戦い』鑑賞
特  技 : スキー、スノボ、料理、バレーボール、映像編集
資  格 : 普通自動車、電気工事士(第二種)
活動履歴 : 劇団唐ゼミ☆に2003年より参加


【舞台】
2011年 『大野一雄舞踏フェスティバル』BankART 照明担当 
     『唐十郎 21世紀リサイタル』   照明担当 

2011年〜現在
     劇団DOGADOGA+ 舞台監督 
     ※2011年以降の作品すべての舞台監督を担当

2012年  タンツテアター・ヴッパタール・ピナ・バウシュ舞踊団より

      Helena Pikon 瀬山亜津咲 『UNTITLED』@BankART studioNYK

2013年  KAAT×劇団唐ゼミ☆ 合同公演
     『唐版 滝の白糸』@KAAT 大スタジオ 舞台監督

2015年  文化庁委託事業
      オペラ公演『ラ・ボエーム』 @洗足学園 前田ホール
      大道具製作

2016年  さいたまネクスト・シアター x さいたまゴールドシアター
     『リチャード二世』 @さいたま芸術劇場/ルーマニア クライオーヴァ
      舞台監督助手
    
      彩の国シェイクスピア・シリーズ 第32弾
     『尺には尺を』 舞台監督助手

  


【イベント】
2010年 『Y150プレイベント ラ・マシン』アシスタントディレクター