第30回 『唐版 風の又三郎』

前のページへ戻る
劇団唐ゼミ☆ 第30回特別公演 

『唐版 風の又三郎』


作=唐十郎  演出=中野敦之



【公演日程/場所】
2020年 
11月17日(火)〜22日(日)

開演14:00(開場13:40)

場所:新宿中央公園 水の広場 特設劇場

※ダブルキャスト
17火、19木、21土...A(老婆役:ちろ 尼役:新木遥水)
18水、20金、22日...B(老婆役:新木遥水 尼役:ちろ)



【料金】

 
 前売/3,600円 当日/4,000円


 [割引] 割引の併用不可
 1.新宿区民割引......各料金の半額でご覧頂けます。
  ※区民であることを証明できるもの(免許証、住民票、保険証等)をご提示ください。 
 2.学割......各500円引き(要学生証)

※ 受付、当日券の販売は開演1時間前から。
(事前に満席になった場合は、当日券を発売しない可能性もございます)
※ 全席自由。チケットに記載されている番号順でのご入場となります。
  (番号は開場時間を過ぎると無効)
※ 予約は前日の18時まで。

============================================
【チケット予約】 <9/5(土)10時 発売開始>
劇団唐ゼミ☆(10時~18時)
●TEL:070-1467-9274 
●チケット予約フォーム:
※全公演日程のチケットが完売いたしました。
今後はキャンセル待ちとなります。
<キャンセル待ちお申し込み方法>
karazemi_yoyaku@yahoo.co.jpまでご連絡ください。
件名に
「○日キャンセル待ち」
本文に、
1、お名前    
2、ふりがな 
3、おひにち
4、券種とご予約枚数
5、お電話番号(全てのお客様の)
6、ご住所(全てのお客様の)
をお願いします。
チケットがご用意出来次第、受付順にてご連絡いたします。 

============================================

============================================
【新型コロナウイルス感染予防対策】
マスク着用、入場前の体温測定、アルコール除菌のご協力をお願いします。
事前の体温測定で37.5℃以上のお客様はご入場をお断りさせていただきます。
上演中、テント内にて換気を行います。暖かい格好でお越しください。
対策の詳細についてはこちらをご覧下さい。
============================================

============================================
【ご支援のお願い】
今回は客席数を制限せざるを得ないことから公演の運営がかなり厳しく、
差し入れやお花のかわりに御志を頂戴できましたら、舞台製作への力とさせて頂きます。
一口1,000円からお願いしております。
尚、御志を頂いた方には、テント劇場の入口にお名前を掲示させて頂きます。
============================================


今この時に輝く、現在の神話を!        中野敦之(チラシ掲載文章より)

いのちを燃やし、全身全霊を燃やし、生きているうれしさをむしゃぶり尽くす芝居を届けます。

唐さんと同時代を伴走した批評家の扇田昭彦さんが「現代の神話」と表現したこの『唐版 風の又三郎』は、まさにそれだけの芝居です。

唐十郎ゼミナール発足から20年、劇団唐ゼミ☆創立から15年。

抜け出すことのできない穴を這いまわる地獄への旅か、恍惚に向かって飛翔する天国への道行きか、その両方を味わいながら私たちは突撃しつづけてきました。大小に積み重ねた公演は30回。右の表を作りながらその時々を思い浮かべ、ずいぶん多くのメンバーやお客さん、事件とともにここまで来たのだという思いを新たにしています。

『唐版 風の又三郎』は、唐十郎を究めようとする者にとって特別な、

まさに金字塔と呼ぶべき作品です。

単に初演時の観客が多かったとか、唐十郎がもっとも評価された演目だということを超えて、物語の純度、そこに込められた野心が最高なのです。ここには、人と人とが虚構の世界を思いえがくときに必要最小限の条件と、人類が生み出してきたすべての物語を集め、さらにそれらを凌ごうという最大の野心があります。

今こそ、この『唐版 風の又三郎』に自分たちのすべてを乗せ、空高く飛ばします。

Covid-19が脅威となった現在、私たちは覚悟を持って公演に臨んでいます。人が生き抜くのに必要な熱い芝居を届ける。今この時に必要な「現在の神話」を届ける。

そう決意して、まずはこのチラシをお届けします。




【あらすじ】

宇都宮のホステス「エリカ」は、客である航空自衛官「高田三郎」に恋するが、高田は隊の戦闘機を乗り逃げし、海の藻屑と消える。

どうしても高田を思いきれぬエリカは、彼の死の謎を追って元の上司たちが転職している代々木のテイタン(帝國探偵社)に辿り着く

そこが女人禁制ゆえに、男装して探偵たちに迫るエリカだったが、名前を訊かれ、とっさに「風の又三郎」を名乗ってしまう

一方、精神病院を脱走した熱烈な宮沢賢治読者の青年「織部」は、男装のエリカを見かけ、

思わず「風の又三郎さんではありませんか?」と問いかける。

偶然一致した呼び名をきっかけに協力するようになった二人は、帝國探偵社の奥で、棺に眠る高田三郎に辿り着くが・・・。




【CAST】

u_toku_0816.jpg禿 恵

ブログを見る

u_sigemura_0709_cmyk.jpg重村 大介
ブログを見る
u_kumano_0724_cmyk.jpg熊野 晋也
ブログを見る
u_tuna_0839_cmyk.jpg津内口 淑香

u_hayashiIMG_5264_cmyk.jpg林 麻子

u_yone_IMG_7785_cmyk.jpg米澤 剛志

u_araki_IMG_0760.jpg新木 遥水

u_Chilo-001_cmyk.jpgちろ

u_佐々木あかり_image0_cmyk.jpg佐々木 あかり








【CAST】


客演陣.jpg

u_maru_1397910957301_cmyk.jpg丸山 正吾
ブログを見る

u_sasaki_IMG_2628_cmyk.jpg佐々木 覚


u_koyama_S__21274629_cmyk.jpg小山 祥平


u_小林_S__761869_cmyk.jpg小林 敏和

u_竹林佑介_cmyk.jpg竹林 佑介

u_福田周平IMG_2752_cmyk.jpg福田 周平

u_miyamoto_original_cmyk.jpg宮本 悠我

kata.jpg

気田 睦

higashi.jpgヒガシナオキ

icon.jpg

u_ootoriIMG_0042_cmyk.jpg鳳 恵弥
ブログを見る



【スタッフ】
舞台監督・照明/齋藤亮介 
舞台美術/鎌田朋子 衣装/林麻子 音響/新木遥水 
劇中歌作曲・編曲/安保由夫、サトウ ユウスケ
「風の又三郎のテーマ」(バンド版)エレキギター演奏/佐鳥研斗
チラシ作成/k.徳鎮 題字/上野早紀 制作/椎野裕美子、岡村夏希





【アクセス】
_map_sinjukupark.jpg

【新宿中央公園までのアクセス】
○JR・小田急線・京王線
 「新宿駅」西口から徒歩12分
○都営大江戸線
 「都庁前駅」A5出口から徒歩1分
○東京メトロ丸の内線
 「西新宿駅」2番出口から徒歩5分
○新宿駅西口よりWEバス
 8番「パークハイアット東京前」下車 徒歩5分






チラシ画像(A3) ※クリックで大きくなります。

 omote_A3_kazemata_flame.jpg nakamiA3_kazemata_2.jpg




主催:劇団唐ゼミ☆/センターフィールドカンパニー合同会社
後援:新宿区/歌舞伎町タウン・マネージメント/歌舞伎町商店街振興組合
協力:新宿中央公園パークアップ共同体/(有)目白相互企画/(株)しぃぼるとぷろだくしょん/
ACTOR'S TRIBE ZIPANG/サンミュージックプロダクション/
Bobjack Theater/ドガドガプラス/劇団820製作所/D-Dash&COMPANY/虹の素/
田んぼのシャーマン/gekidanU
公演場所世話役:関口忠相