7/23(火)劇場入り〜セットがたつ

2024年7月23日 Posted in 中野note
IMG_7830.JPG
↑風呂と火山

本日、10:00より恵比寿・エコー劇場に入りました。
外は酷暑ですが劇場の中は涼しく、音響・照明・美術の増員さんと
ともにキビキビと搬入から始め、『少女仮面』空間をつくりました。

エコー劇場はさすが劇団付きの空間として、
舞台・客席だけでなく楽屋やロビーに至るまで、
30年以上ここで公演してきた方々の工夫が詰まっており、
生きている劇場という感じがします。

150人の客席で、これだけ自由度のある舞台構造で、
天井も高くて、それでいて無駄に隅々に人間味がある空間というのは
なかなか珍しいのではないのでしょうか。
場面転換ありの劇には不向きかも知れませんが、
『少女仮面』の空間にここを選んで本当に良かったと思っています。

現場で初めて完成したヴェスビアス火山の絵とお風呂のセットを
並べると、実にしっくりきました。ああ、20代の唐さんの頭の中は
お母さんの実家である銭湯によって出来ていたのだなあ、と
みんなで納得しました。

こうして、これまで齋藤を中心に腐心してきたスタッフワークが
結集するのは感動的です。音響の平井さんはすでに欠かせない方
ですが、初めての美術家・中根聡子さん、照明家・山崎佳子さんを
力づよく感じます。岡島哲也さんがユーティリティ的にみんなを
支え、元劇団員のワダ タワーさんと重村大介さんも応援に来てくれて
います。手練の舞台人であるエコー劇場の皆さんも温かで、
12時間を劇場で過ごすうちにすっかり馴染んで帰ってきました。

明日もまた10:00から。場当たりを行い、
エコー劇場での『少女仮面』がはじまります!




7/22(月)積み込み〜明日から劇場入り

2024年7月22日 Posted in 中野note
IMG_7814.JPG
↑今日は作業に没頭しすぎて撮影を忘れたので、昨日の通し稽古より

今日はまず、昼過ぎに劇団員のみでハンディラボに集まりました。
大道具や小道具の残り作業を刈り取っていきます。

津内口は、昨晩は徹夜で当日パンフレットの仕上げをしてくれました。
彼女の誕生日を祝って、皆でケーキを食べたりして。
こんな真夏に公演をすることは野外劇を仕立てて東北ツアーを
した時以来なので、珍しいお祝いでした。

16:00になると他の出演者も集まり、汗をかきながら作業の仕上げと
片付け。19:30には運送業者さんが来て、1時間弱で積み込みを
終えました。

自分は別働で、当日パンフレットを印刷したり、
都内に出て音響の平井さんの倉庫に機材を積みに行きました。

酷暑と雷雨と、最後は大雨の一日でした。
けれども、首都高に乗って横浜に戻ると、都内であれだけ降っていた
ゲリラ豪雨はなりを潜め、地面が乾いています。

明日から毎日、恵比寿で過ごします。
あっという間の6日間になりそうです。

そうだ。開場寺、終演後に劇場内にかける音楽を編集しないと!

7/21(日)若葉町WHARFから撤収!

2024年7月21日 Posted in 中野note
IMG_7811.JPG
↑メイクもバッチリしています

6日間お世話になった若葉町WHARFでの稽古が終わりました。

今朝は10:00前には集まってそれぞれに衣裳・メイクをフルに装着し、
音響の平井さん、照明の山崎さん、岡島哲也さんも結集して
11:10から通し稽古。水道や風呂の水、天井からふる工事の砂ぼこりなど
できるだけの仕掛けも行い、この1幕ものを進行させました。

私たちの『少女仮面』はカーテンコールまで含め、
休憩なし101分であるという上演時間に落ち着きました。
歴代のこの作品の上演の中では少し長めと思いますが、
唐ゼミ☆版として工夫を重ねた結果です。

13:00前に通しを終え、休憩時間も挟みながら16:00まで修正稽古、
その後は稽古用のセットをバラし、トラックを寄せて積み込みを行い、
お世話になった若葉町WHARFのスタジオを掃除して退出、
ホームであるハンディラボに帰りました。

明日の積み込みに備えつつ、全ての荷物を整えました。
ちょっと信じ難いですが、すでに1週間後には全ての公演を終えている
時間です。世間で流行っているコロナに足元をすくわれないように
しながら、火曜の劇場入り、木曜の初日と、ゴールを目指して
じりじりと全員で押し上げていきます。

7/20(土)最後の調整日

2024年7月20日 Posted in 中野note
IMG_7785.JPG
↑ラスト数ページでなだれを打って登場する人たちが準備不足や
粗雑にならぬよう、丁寧に稽古しています


今日は明日の最終通し稽古に備え、コツコツ手直しを行いました。
演技の細かなところ、立ち位置の調整、道具の出し入れの簡略化、
こういった細部を詰めることで、全体の底上げを図りました。

そもそものせりふ術の向上や、役柄の見直しも行います。
もっとお客さんに共感してもらえるように情けないヤツにしよう
情けないヤツにするには、ここのせりふの言い方をこう変えよう、
あ、ここにも工夫の余地がある、といった具合です。

こういう修正を一日かけてできるのは、まことに贅沢なことです。
来週の今頃は土曜の2回公演を終えてヘトヘトになっているだろう。
そんなことを考えると不思議な感じがします。

いつもはテント劇場を建てるところからなので、
急にくる本番に戸惑うところもありますが、
ここで詰めきっておかないとと思ってやっています。

どこかに取りこぼしはないか。
どこかに工夫の余地はないか。
どこかに根本的なやり口はないか。

合い間も『少女仮面』の話題一色になっています。


7/19(金)さらに通し稽古

2024年7月19日 Posted in 中野note
IMG_7766.JPG

今日も通し稽古でした。
今日から音響の平井さんが合流し、全体に効果音が入り始めました。
自分の音響はお役御免で、劇を見ることに集中し始めています。

こうなると、立ち位置によって見えずらいところはないか、
移動しながらチェックし、座席によって演者の挙動が伝わないことが
無いようより厳格に調整が可能です。

演技にせよ、セットや衣裳にせよ、ディティールを詰める
ところもあれば、大局的に観て、キャラクターを刷新するような
アイディアも出てきます。ここまできたからこそ、
根本と向かい合い、全体を見つめ直すことが人によっては必要です。

といった修正を、明日に時間をかけてやる予定です。

明日、直して、明後日に最終の通し稽古をして、
という具合に若葉町WHARFでの追い込み稽古が収斂していきます。
上演時間は100分強の見込みです。


7/18(木)今日も通し稽古

2024年7月18日 Posted in 中野note
IMG_7738.JPG
↑セットや衣裳も揃ってきている

週末までに3回の通し稽古をする予定です。
今日はそのうちの1回をやりました。
序盤にもたついたところもありましたが、
1場のボーイ主任のスパルタと粘着質ぶりがよく効き、
それがコミカルになる流れができてきました。

2場の腹話術師の残酷ショーには、別れた女を未練たらしく思う
要素がもうひと伸び必要で、しかし、人形の下剋上はかなり
うまくいきました。

3場の中間部は今回の上演の大きな課題で、これをいかに条理として
まとめ上げるかをずっと考えてきましたが、ある心理的なルートを
発見して、それが自然な流れの中に実現しつつあります。

感じた違和感を素直に問題視し、解決策を講じて明日に臨むのが
目標です。全編にわたる力の配分は、この通し稽古の中でしか
育まれませんから、明日にはさらに決まってくるはずです。

真剣ななかに余裕があり、余裕が笑いに結びつく、
顔つきがシリアスすぎて、かえってふざけているのかどうか
読みずらい。そんな上演を目指しています。もうひと超えも
ふた超えも! また明日も通し稽古です!

7/17(水)追い込み稽古、はじまる

2024年7月17日 Posted in 中野note
IMG_7735.JPG
↑人の心に届き、響くように


今日から本格的に若葉町WHARFでの集中稽古です。
今まで練ってきた改善点を全体に行き渡らせ、劇を土台から
パワーアップさせる5日間の始まりです。

この1週間で考えてきたアイディア、
『少女仮面』についての根本的な読みを役者たちと実際のものに
しながら、しっくりくるポイントを探ります。

ハマると「あ、これだな!」と皆で腑に落ちていく。
今日は全編にわたってさまざまな箇所を工夫しました。
明日はそれをこなれさせ、全体の通しの中で検証していきます。
最後には思い切り力を振り絞り、リミッターを外して
120%の燃焼で観る人の心を掴まなければならない

必然、負荷がかかる。
なので、喉を潰してしまわないように加減しながら
よく体を温め、一瞬で全力を出し、翌日までの回復量も計算して
日々を過ごします。まずは、明日にどんな結果を出せるか。
勝負の日々、細部を成形して全体のプロポーションを磨き、
正しいと思える流れの中に魂を込める毎日です。

7/16(火)若葉町WHARFへ

2024年7月16日 Posted in 中野note
IMG_7720.jpg
↑工房の片付け中の米澤。最近はハキハキとよくしゃべるようになった

今日はハンディラボでの作業を打ち上げ、
明日から週末までの集中的な稽古のために若葉町ウォーフに乗り込む
日でした。私は朝からトラックを借りて調布まで中道具の借り出しに行き、
皆は舞台の床の紋様を完成させ、『少女仮面』の重要な道具である
お風呂の着色などをしました。

床に凝るということは通常のテント公演だとあまりないことですが、
今回はタップダンスもあり、階段状の客席で上からご覧になる
お客さんもたくさんいらっしゃいますので、そういうことにも
凝っています。

この1週間というもの、最後に行った通し稽古を思い出しつつ、
『少女仮面』の各パートがどんなものかをもう一度考え直して
きました。曖昧に、何となく過ごしてしまっているシーンが
あるのではないか。そういう自問自答のなかで、何ヶ所か
新たな展開、あるべき劇の姿が見えてきました。

明日から早急に内容を更新しつつ、皆が『少女仮面』という
道具立てを縦横に使いこなせるよう、稽古を重ねていきます。
合間に佐藤信さんとおしゃべりするのも、若葉町の醍醐味です。

今日も「あの劇はおもしろいでしょう」と『少女仮面』演出の
先輩である信さんはおっしゃっていました。

本質を捉えた、新しい、私たちの『少女仮面』を探っていきます。

7/15(月)『少女仮面』本読みWS 第5回(最終回)

2024年7月15日 Posted in 中野WS『少女仮面』Ⅱ
IMG_7717.JPG
↑現場は作業の追い込みです

昨晩は『少女仮面』本読みの最終回でした。
来週・再来週と公演にかかりきりになるので、
この作品を最後まで読み解き、ここで一区切りとするWSでした。

展開としてはこうです。

春日野八千代は自らもまた人間であることを貝に打ち明け、
老いの悩みを語ります。その上で貝は、春日野についていく
意思表示をします。しかし、勇気を振り絞って春日野がした告白を
貝は演技のレッスンとして捉えており、真に受けません。

このように、貝が春日野を絶対的スターと見る疑いの無さはこの後も
徹底して劇の終わりまで貫かれ、これが春日野を追い込んでいく
という構図になっていきます。

老婆の再登場とせりふにより、主任がした殺人があらわになります。
彼は地上の工事車両を火の海にしただけでなく、水道飲みの
サラリーマンを殺してしまいました。ここには、進退極まり、
追い詰められた男の姿があります。それほどまでに、
彼はこの小さな喫茶〈肉体〉春日野とに賭けてきたことが伺えます。
取り返しがつかないところまで二人の人生はきてしまっているのです。

ところが、春日野は自棄になります。

ここまで来れば、この女はスター・春日野八千代でなく
春日野の名を騙るただのニセモノ、売れなかった女優志望のなれの果て
という姿が立ち現れます。主任は、彼女の夫であり、自称・演出家を
名乗る冴えない男、という構図です。
女はこれ以上耐えきれず、この活動を降りると言い出す。

ここから繰り出される、看護婦、甘粕大尉、ファンの女の子たちの
登場と春日野に対する励ましは、ですから、なんとか女を女優の世界に
繋ぎ止めようとした主任の足掻きであるということです。
身近な人々を次々に化けさせて、女に女優を、
春日野八千代をつづけさせようと躍起になる主任。

しかし、甘粕に扮したボーイ②の愚かさと、ボーイ①の造反に
よって主任は退場させられ、残された防空頭巾の女たちの応援も、
あまりにショボ過ぎてか女をその気にさせるに至りません。
まして、貝の純真な期待は、かえって女を追い込むばかり。

女がどれだけ真実を打ち明けようとしても絶対にそれを受け合わない
貝は、悪意を持つ者以上に残酷です。そして、これほどの残酷に
晒されながら終幕において女が何を選択するのかというところに、
この『少女仮面』の肝はあります。

無惨な終わり方です。

唐さんはこの終幕を、ほんとうにはどうしようと思ったのか。
こんな風に無慈悲で残酷なエンディングで良いのか、
その後の唐さんの考え方もヒントにしながら、
唐ゼミ☆版をつくっています。

ここから先は実上演で。あとは公演本番で結論を出します!

7/14(日)作業場の暑さ

2024年7月15日 Posted in 劇団員note
7月25日から始まる少女仮面、今週は作業週間です。

稽古は通し稽古まですることができて、
その後集中的に衣装、小道具、大道具などの作成をしています。

自分が経験した中ではかなり酷暑の作業場です。
ここ数日雨もあって気温が少し前より下がっていますが、
それでも暑いです。
35℃ぐらいまで上がっていた日はきつかった。
朝から夕方までの間、その暑さと戦いながら作業をしていきます。

唐ゼミの使っている作業場は倉庫のようなところで
屋根があって夏の直射日光が入らないですが
空調などは効かない半屋外の環境です。

休憩中飲む冷えた麦茶がとてもおいしいです。
体に沁みわたる、といった感じです。

1日が終わり家に帰った時の疲労感がとてつもない。
稽古が終わったあとの頭の痛くなるような疲れとは違う、
全身がグッタリとするかんじです。
私達劇団員は作業場で1日過ごすことに慣れていてもこの暑さにやられていますが、
作業に慣れていない客演していただいてる皆さんの疲労は
さらに大きいものではないかと思います。
とてもありがたいことです。
出演者全員で作業を進めます。

メンバーの中にはこの季節にも完全野外で、この暑さの中、
直射日光を浴びながらのアルバイトをしている方がいて、
そのバイトに比べれば作業場の暑さはまだましだそう。
世の中にはもっと過酷な環境なんてたくさんあるんだろう。

この一週間で、
戯曲に書かれた視覚的なイメージがかなり具体的に目の前に現れてきました。
喫茶店の店内、お風呂、などなど。
いろいろなセリフの理解が、目の前に現物があるだけで違ってきます。
もう少し作業を行って、残り一週間の集中稽古です。
そして劇場入り。
いろいろな発見をした後で、また違った感覚を持って稽古にのぞみます。

公演情報、ご予約はこちらからお願いします!


米澤
1721009902948-0.jpg

少女仮面 裏.jpeg