7/3(金)週明けにラジオに出ます

2020年7月 3日 Posted in 中野note

IMG_8302.jpeg

昨晩はワークショップでした。

10人の方が参加してくださり、21:00までの予定を30分近く延長してやりました。


『唐版 風の又三郎』を極限まで単純化するとどうなるか、

皆さんと一緒に台本の超重要部分のみを抜き出し、声に出して読みました。

皆さんが個々に台本を読まれる際に、これは必ず役に立つはずです。


唐さんの台本は、寄り道や脱線部分にパワーがあるのが面白い。

謎めいた部分や唐突な固有名詞も多く、読む人は迷子になりがちです。

そんな時、最短ルートを心得ておけば頼りになると思うのです。


これは、私たちのように実際に劇を作る者にとっても重要なことで、

部分々々を作っていると、各所の愉しさや困難にかかりきりになり、

どうしても視野が狭くなりがちです。だから大局観が大切なのです。


このような感じで、劇団の稽古もワークショップも全く同じノリで臨んでいます。

ですから、ひと仕事終わったあとは高揚感でいっぱいになる。

家に帰ってもなかなか寝つかれません。


ところで、週明けにラジオに出ることになりました。

7/6(月)14:10〜14:55に「渋谷のラジオ」でやっている

「渋谷のかきもの」というコーナーです。

去年の『ジョン・シルバー三本連続上演』を観に来てくださり、

ワークショップにも何度かご参加いただいた

パーソナリティーの華恵さんに誘っていただきました。

https://shiburadi.com/


なんでも良いから「かきもの(書き物)」を2点、

曲を2曲というリクエストがありましたので、

早速、本棚を眺めたり、いま準備している『唐版 風の又三郎』からの

連想で「これだ!」というものを選びました。


「書き物」の中には、もちろん唐さんが書いてくださった言葉を

取り上げますが、ひとつは20年近く前のもので、

改めて、こちらが駆り立てられるようなものです。


良かったら聴いてみてください。

7/2(木)じめじめした陽気について

2020年7月 2日 Posted in 中野note
IMG_8293.jpg

じめじめじめじめしていますね。
マスクの内側も蒸れるし、嫌だ嫌だと思いながら過ごしていました。

が、『唐版 風の又三郎』が入っているハヤカワ演劇文庫をめくっていたら、
「なんてじめじめした陽気だろう」というせりふが目に飛び込んできて
慰められ、反省しました。

同じ文庫に収められている『少女都市からの呼び声』の一節です。

このせりふを初めて唐さんが書いたのは60年代の前半で、
23歳の時に書かれた
『24時53分"塔の下"行は竹早町の駄菓子屋の前で待っている』という芝居に、
すでに登場します。

この劇は謎めいた塔のある町を舞台に、老人たちが
「なんてじめじめした陽気だろう」と言いながら階段を登り続け、
やがて塔に頂上に達すると、そこから身を投げるという劇です。

なんだか暗いじゃないですか。
だから同じせりふが登場する『少女都市からの呼び声』を
唐ゼミ☆でも上演する時に神妙にやろうとしたら、
唐さんには「もっとスピーディーな方がいいよ」と言われ、
大久保鷹さんには、嬉々としてやるべし、とアドバイスを受けました。

前にも書いたと思いますが、
このせりふは、高温多湿の日本に対する讃歌である、と。

なるほど、私たちは深刻な状況下でもけっこう明るいし、
忘れっぽい。それは愚かさかも知れないけれど、
愚かでみっともなくてしかも陽気なのが希望なんだとも
気付きました。なかなか深いですね。

嬉々として、「なんてじめじめした陽気だろう」と言いましょう。
そうすれば、日本に暮らす自分のからだを謳歌できる感じがします。
毎日じめじめしてるって、なんて素晴らしいんでしょう!

本日もこれからワークショップです。
以前にこのゼミログでご紹介した9歳の子も参加してくれるので、
大人の皆さんにどういう影響を及ぼすのか、とても愉しみです。

7/1(水)苗字のこと(津内口)

2020年7月 1日 Posted in 日々のこと
津内口です。「つないぐち」と読みます。

初めてお会いした方に口頭で自己紹介すると、
「珍しい苗字ですね!」と言われます。ほぼ100%の確率です。
次に「どんな字をお書きになるんですか?」
この説明は慣れたもので、「津軽の津に、内外の内に、目鼻口の口です」と答えます。
小さい頃から父がよく電話口でこう説明していたので真似ているのですが
これ以上に上手く説明できる文言はありません。
ついでに出身地もなんとなく覚えてもらえて便利です。
全国に200名ほどいるらしいのですが、親族以外で出くわしたことがありません。

先日中野さんもゼミログで唐作品に登場する名前について書かれていましたが、
役名登板率No.1は「田口」だと思います。
前回『続ジョン・シルバー』で私が演じた少女・みのみも「田口」さんでした。
これは唐さんのお母様の旧姓だそうです。

IMG_5230.jpg

ちなみに私の母の旧姓は「坪(つぼ)」。
ブログを書くにあたって由来を調べてみたら、古代津軽地方で一時期王国を築いたけれど
亡ぼされてしまった家系らしいということが発覚し、驚きました。

以前中野さんに
「将来、津内口は結婚したら津内口じゃなくなるんだな。
 アイデンティティ半分以上なくなるな!」
と言われました。

た、たしかに...。

下の名前も覚えてもらえるように頑張ろう、と思っています。


津内口

6/30(火)浅草での付き合い

2020年6月30日 Posted in 中野note
_185_PMR0369.jpg
「付き合いを忘れちゃこの世は闇さ」
『ジョン・シルバー』2幕、「小男」のせりふより


昨日、浅草について書いたことで色々と思い出しました。
私は、あるもんじゃ焼き屋の女将さんに、
人と人との付き合いを教わったのです。

花やしきの駐車場での公演を繰り返していた頃、
近所のもんじゃ焼き屋の女将さんと親しくなりました。
女将さんは芸事を応援する浅草の気風に溢れた方で、
ご自身の店のみならず、周囲でご自身の顔のきくご近所さんの壁にも、
ポスターを貼って回って下さるのです。

自然と、このお店に通うようになりました。
このお店で、自分はもんじゃ焼きの底力を知ったように思います。
とにかく材料が厳選されており、旨いのです。
「B級グルメ」という言葉がありますが、なかなかどうして、
岩手から取り寄せたお水を使い、粉からさきイカからチーズから、
女将さんのこだわりが結集したもんじゃ焼きは他とは別格でした。

はっきり言って、通常のもんじゃ焼きより値段がしますが、
なるほどこれは高級であって仕方がない納得させられる質でした。


確か、搬出の日だったと思いますが、その日は食べ納めと思って、
トラックの荷積みの合い間に、いつもより早くお店に行ってみました。
それで、一番好きなもんじゃ焼きを頂いて会計をしようとしたところ、
「中野さん、ごめんなさい。クチアケだから」と言って
定価より500円多く請求されたのです。

クチアケ・・・何のことかよく判らず、
それでも、いつも優しい女将さんのことですから、
言われる金額をお支払いして現場に戻りました。

ネットで調べてみると、すぐに判りました。
「クチアケ」=「口開け」とは、開店して一番乗りしたお客のことで、
1日の商売繁盛を祈念してちょっと多く料金を頂く風習があるらしいのです。
元来が高級品である上に、バカにならない500円ではありましたが、
郷に入っては郷に従えと言い聞かせました。

問題はそこからで、お昼過ぎ、いよいよ荷積みを終えそうな私たちのために、
女将さんはいっぱいの焼きそばを差し入れてくださったのです。
明らかに、500円では及びもつかない量でした。

私の表情が怪訝なのを女将さんは見逃さなかったのだと思います。
もともと応援してもらっている身です。
もっとスマートに払ってこれなかったのかと後悔し、
ありがたさが身に染みました。

最後に伺ってから5年ほど経ちます。
すっかり足が遠のいて失礼をしていますが、
今度はもっと粋にこなせるでしょうし、
なんとなしに教育してくださったことも含め、
浅草はありがたい土地だと、改めて感じています。

6/29(月)浅草で公演していた頃

2020年6月29日 Posted in 中野note
images-1.jpg
↑初めて浅草で公演した時には、近所の商店が提灯を出してくださいました。
こういう習慣も、この時に初めて教わったのです。

6月も終わりです。
唐ゼミ☆のテント公演は暑く、また寒い時期に行われると
お客さんに言われたことがあります。
もうちょっと観やすい時期にやってよ、ということだったのですが
いつの頃からか制作ペースがそうなってしまい、
6月末〜7月、10月末〜11月というのが定番でした。

今朝の蒸し暑さで思い出したのですが、
ちょうど今頃はいつもテントの中にいて、常に蚊との闘いです。
浅草にいた5年間は、寝苦しいテント番が明けて劇団員たちがやってくると、
近くの観音湯によく行きました。

他の銭湯はだいたい午後3時から開業するのですが、
あそこだけは、何故か午前6時に開いて夕方には閉まるのです。

初め、強面だった近所のテキヤさんは、
ここでの裸の付き合いが生まれると急に親しく話しかけてくれるようになり、
交流が生まれました。騒音で迷惑をかけているので招待しますよ、
と伝えても、何だか恥ずかしがって芝居は観にこないのですが、
テントを立てたり、お客さんが集まって開演する様子を、
外からタバコを吸いながら眺めていました。

何年かすると、その人は引っ越して、
住んでいた家はコインパーキングになってしまいましたが、
銭湯を「観音さまのお湯」と言っていたあのおじさんの丁寧な物言いが
耳に残っています。見た目こそ強面だけれど、浅草寺の境内に向かって
丁寧に手を合わせる。折り目正しさを持った人でした。

6/28(日) 作業のお供

2020年6月29日 Posted in 日々のこと

昨日のゼミログでも中野さんが触れていましたが、
絶賛スケジュールを組んでおります、齋藤です。


悩ましいスケジュールを組むときも、複雑な図面を書くときも、またこれを書いている今も、
大体ラジオを聴きながら作業しています。
基本的に誰かが喋っていないとダメで、ある時は落語ばっかり聞いていたこともあるのですが、
作業に集中しだしたり、ウトウトしたりすると
今話している「熊さん」や「御隠居」が、どの落語の熊さんで御隠居なのか混乱してしまうことが多く、
やはりラジオに戻りました。

20200628.jpg
↑ radikoとBluetoothのイヤホン、本当に便利。小学生からずっと伊集院光のヘビーリスナー。


ラジオを聴き始めたのは小学生の頃です。
ある時、母と姉から
 「あんたの話は本当につまらない」「何が言いたいのかわからない」
 「話し方をもっと考えて喋った方がいい」
と随分と辛辣な意見をいただき(本当にこの通り言われました)、ラジオで芸人さん達がどうやって喋っているのか
お手本にするためにしっかり聞くようになったのがきっかけです。
同じテープを聞き返しながら、ここでフリで、ここでオチで、と確認しながら聞いていました。
(今考えると、だいぶ暗い小学生ですね)

普段、人と話す時、特に説明する時もそうですし、
劇団の公演の時も、先日演出助手をやらせていただいたときも、
セリフの間や言い回しなど、この時のものが役に立っていると思います。


以前、地方公演の出発の日に大寝坊をしたことがあります。(まだまだ下っ端の頃)
先輩が家まで起こしに来るほどの体たらく。そのまま京都まで移動だったのですが、
車中の雰囲気も最悪で、当時免許を持ってなかった僕はそれを取り返そうと、
約10時間、運転手の先輩達に喋り続けました。
寝るなんてもってのほか、会話が途切れたら寝坊のことを責められる可能性を感じた僕は、
とにかく必死で、喋り続けました。
移動もあとわずか、大津に着いた時には、先輩から逆に「よく喋った」と褒めてもらえたほどでした。

人生であんなに頑張って喋ったことはあの時以来ありませんが、意地でも喋り続けられたのは
聴き続けたラジオのおかげであり、さらには母と姉の一言のおかげだと思っています。
小学生によくそんなこと言えるな、という気持ちはグッと抑えて、
感謝しようと琵琶湖をみながら思ったのでした。


齋藤



6/27(土)稽古の計画を組む

2020年6月27日 Posted in 中野note
1109_6.jpg
↑「密」と「飛沫」の極み、『下谷万年町物語』より

8月から始まる本格的な稽古の日程を組んでいます。
『唐版 風の又三郎』のために多くの役者が集まっていますから
舞台監督の齋藤が叩き上げたスケジュールに検証に検証を重ねて
しっかりしたものを計画として提出する必要があります。

気の赴くままに横浜国大で稽古していた日々が懐かしくもありますが、
これはこれで、なかなか緊張感があって悪くない。

ちなみに、私たちの稽古はいつもかなり計画的に進みます。
本読みをしっかりやって設計図を共有した上で、
どの日に台本の何ページから何ページまでを稽古するのか、
厳格に計画して始めます。また実際に、その計画を何としても実践する。

劇は、登場人物やキーアイテムの登退場によって、
ある目的を持った「場面」「シーン」に分けることができます。
この区切りとは別のところで、例えば、
毎日15ページ稽古しようというのではかえって役者は混乱します。

一方、上手く「場面」「シーン」を切り分けて稽古すると、
分量に増減があっても、頭の中が整理されてスムーズに稽古できます。
もちろん、予め当たる箇所が宣言されているので、
みんな必死にせりふを入れて準備してきます。

この「場面」「シーン」に芝居を切り分ける手法は、
実は学生時代に唐さんから真っ先に教わったもので、
唐さんご自身は「ピース分割」と仰っていました。


さらに今回は、稽古場が人で溢れないよう配慮する必要もあります。
出番がない人も稽古に立ち会うことはかなり大切なのですが、
今はそうも言っていられません。
出番の無い人が自宅からモニタリングできるようにする、
出入りの時間差をつける、といった工夫をこれから行います。

しかし、今回は『下谷万年町物語』でなくてほんとうに良かった。
つくづくそう思います。セットに池あり、本物の水ありの
オカマ100人芝居では、さすがに歯が立ちませんから。

6/26(金)"淫腐"を追いかけてみた結果

2020年6月27日 Posted in ワークショップ Posted in 中野note
IMG_8171.jpeg

『唐版 風の又三郎』には"三腐人"というキャラクターたちが登場します。
これ、初見で読み方が分かる人はまずいないでしょう。
高校時代に初めて読んだ時、私はこれが人であるかどうかさえ
理解できませんでした。悪い妖精か何かかと思った記憶があります。

「三腐人(さんぷじん)」と読みます。
乱腐(らんぷ)珍腐(ちんぷ)淫腐(いんぷ)という三人の探偵を
まとめてこう云います。
やっぱり悪い精霊か何かのような名前ですが、
もちろん本名ではないでしょう。
彼らが誇り高い自衛官をクビになって、しがない探偵をやっている。
探偵といえばまだ聞こえが良いが、要するに興信所員。
浮気調査なんか繰り返しやってすっかり人間が腐ってしまった。
この名前には、そういう意味も込められているのだと思います。

で、昨日のワークショップでは、このうちの"淫腐(いんぷ)"に
注目しました。普段の稽古であまりこういうことはしないのですが、
ワークショップというのは私にとっても貴重な実験の場です。
お客さんがいるからできる、真剣な遊びとも云えます。

やってみて判ったんですが、やっぱり"淫腐(いんぷ)"は相当ひどい。
三腐人の所業は劇の全編を通じてかなり乱脈なのですが、
3番目の彼はいっそうその性向が抜きん出ています。

1幕で設定した"三腐人は男色"というキャラクター設定が
終幕の頃には完全に崩壊していく。
実際、すべてがご愛嬌で許されてしまう実にズルい展開なのですが、
唐さんが悪びれもせずにこれを書いている姿が目に浮かび、
笑えてきます。

そのようなわけで、昨晩は私もとっても面白かったんですが、
内容的にはかなり3枚目でした。すると2枚目が恋しくなります。
ユーモアや悪ふざけも大好きですが、
来週は硬派で、カッコ良くて、美しい、
これぞ直球勝負、正統派という内容のワークショップを展開します。

6/25(木)わたしの好きな名前

2020年6月25日 Posted in 中野note
IMG_8170.jpg

今日も先週と同じように、ワークショップ直前にこれを書いています。
前回、熊野をはじめとした劇団員のバックアップがあって、
私はだいぶ落ち着きました。
まだ改善点はありますが、もう一息という実感です。

さて、今日は熊野の他に、佐々木あかりが現場にやってきました。
彼女は、東北に出張中のお父さんが送ってくださった
山形産サクランボを、わざわざ届けてくれたのです。

山形のサクランボ。
過去に山形県で公演したことは2度あり、
1度目は2008年秋に『ガラスの少尉』を米沢市の隣の川西町で、
2度目は2014年夏に『青頭巾』野外公演を山形市の馬見ヶ崎川で
芝居をやりました。

どちらの時も、
地元ではサクランボは買うものでなく、もらうものだと教わりました。
横浜や東京にいる私たちからすれば高級品、実にぜいたくな話です。


サクランボと唐さんといえば、
真っ先に思い出すのは『唐版 俳優修行』に登場するヒロインの名前です。
その名を「サクランボ・ポリス」と云う。
要するに新人女性警官のことなのですが、この言いにくそうな名前は、
何度も発語してみると「ボ」と「ポ」の響きがぶつかり合って面白く、
クセになります。それに、いかにも"新人!"という感じがして、
さすが唐さんのネーミングセンスだと唸らされる名前です。

その他に、私が個人的に偏愛している登場人物名は、
『青頭巾』のヒロイン「オイチョカブ」と
『住み込みの女』のヒロイン「そのひぐらし」です。
彼女たちは自分たちのことを「オイチョ」や「ひぐらし」と云う。
コミカルで可愛らしい名前に唐さん独特のユーモアが込められていて、
何より声に出してたのしい。

これに限らず、唐作品に登場する名前の面白さは尽きることがありません。
またいずれ、ここで書いてみたいと思います。

6/25(木)ワークショップ現場レポート!

2020年6月25日 Posted in ワークショップ
6月からはじまりましたオンラインワークショップ!

0625ws_4.png

初めてのシステム導入にバタつきもあったのですが
すこしずつ参加する方にご意見を頂きながら、
環境改善につとめ、
みなさまに「戯曲を読む」ことの楽しさを
オンラインでお伝えしています。
聴講の方には、チャットで参加頂いたり
していますよ〜。

今回は、

『唐版 風の又三郎』登場人物を追いかける
〜淫腐(いんぷ)篇

でした。
なかなかこの役柄について90分じっくり
考えることはないと思いますので、
みなさん淫腐の性格を理解し、
淫腐の人生を生きてみることが
新鮮だったようです。

もちろん、
ヒロインヒーローのメインストーリーを
理解することは大切なのですが、
セリフの少ない役柄の人たちの、
いわゆるサブストーリーをしっかりと考え、
そこに光をあて、理解を深めることが
実際に舞台作品として立ち上げていく時に
同じくらい大切になってきます。
そうすると非常に奥行きのある、
底の深い上演になるのです。

中野noteでの6/25のワークショップレポートはこちら

さて、来週は、
ザ・メインストーリーである

『唐版 風の又三郎』最短上演計画?!
〜難解戯曲の骨子をつかむ〜

のテーマでお送りいたします。


是非、ご参加お待ちしております!!

0625ws_1.jpg
(唐ゼミアジト「ハンディラボ」でサポートの熊野と中野)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
唐ゼミ☆ワークショップ
『唐十郎戯曲を読む』
ZOOMでのオンラインワークショップ
☆☆聴講のみも歓迎☆☆

劇団唐ゼミ☆の代表・演出の中野敦之が、
『唐版 風の又三郎』などのテキストを用い、
読み合わせをしながら作品解説を行います。

 ◆ZOOMでのオンライン参加
 ◆ZOOMで聴講のみの参加
 ◆会場での直接参加
 (6/22追記:オンライン参加に限定させて頂くことになりました)

のいずれかを選んでご参加頂きます。
(開催時間:90分

<スケジュール>

◇7月2日(木)19:30 ◎(予約可)

 『唐版 風の又三郎』最短上演計画?!

  〜難解戯曲の骨子をつかむ〜


◇7月9日(木)19:30 ◎(予約可)

 『唐版 風の又三郎』登場人物を追いかける

  〜梅子・桃子篇

(6/26追記:テーマを変更いたしました。)

 劇中歌を考える

 『唐版 風の又三郎』エリカの数え歌より

 〜一見すると難解な歌詞にも意味がある!

   読み解いていけば同じ歌でも

   場面によってその意味合いが変化する...


◇7月16日(木)19:30 ◎(予約可)
 『少女仮面』より
 「春日野は何故、歌をやめさせるのか」

7月23日(木祝)19:30 ◎(予約可)

 『唐版 風の又三郎』登場人物を追いかける

  〜梅子・桃子篇または大学生・老婆篇


7月30日(木)19:30 ◎(予約可)
 『少女仮面』『唐版 風の又三郎』エンディングを読む

<参加費>
1000円
※前払いとなります。
 

ZOOM(オンライン)で必要なもの
下記の環境が必要になります。
◆インターネットに接続したパソコン、スマホ
◆マイクとスピーカー(パソコン,スマホに内臓の場合は不要)
◆ウェブカメラ(パソコン,スマホに内臓の場合は不要)


<会場>
横浜桜木町 都橋マーケット内 BAR「はる美」
会場が変更になりました。
ハンディラボ
(住所:横浜市鶴見区駒岡4-30-49)
東横線綱島駅よりバス15分
(6/22追記:オンライン参加に限定させて頂くことになりました)

<内容>
・本読み
・解説
・唐さんから直接伺ったこぼれ話
・劇中歌を考える、歌う

異界の出来事、わけのわからない筋道、
そんな風にとらえられてしまう唐さんの戯曲が
ストンと腑に落ち、登場人物と自分とが
妙に地続きにとらえられるようになります。

唐さんはよく「わけがわからなくはない!」と
不満そうでした。
そう、ちゃんと論理があるのです。

どうぞ、この機会に是非ご参加ください。

0625ws_4.png


0625ws_2.png


1月16日のワークショップ音声ハイライトはこちら♪

<オンラインワークショップレポート>
6/25(木)現場レポートはこちら

<会場でのワークショップレポート>
4/9(木)現場レポートはこちら
3/26(木)現場レポーとはこちら
3/12(木)現場レポートはこちら
2/27(木)現場レポートはこちら
2/13(木)現場レポートはこちら
1/31(木)現場レポートはこちら
1/16(木)現場レポートはこちら

<お申し込み>
070-1467-9274(劇団携帯)

メールの場合は
本文に下記内容をご記載頂き
karazemi_yoyaku@yahoo.co.jpまでお送りください。

件名:「ワークショップ申し込み」

①お名前(おふりがな)
②携帯番号
③メールアドレス
④ご住所
⑤ワークショップ参加希望日
⑥ご希望参加形態
(ZOOM or  聴講のみ)
⑦参加費お振込希望口座
(三井住友銀行 or ゆうちょ銀行)

お申し込みの返信メールをお受け取り
いただいてからご入金をお願いいたします。

<お振込先>
三井住友銀行
横浜駅前支店
普通 8153873
劇団唐ゼミ 代表 中野敦之
(ゲキダンカラゼミ ダイヒョウ ナカノアツシ)

ゆうちょ銀行
〇二八支店
普通 7420793
劇団唐ゼミ(ゲキダンカラゼミ)

ご入金を確認後、 ZOOMへの参加リンクを
お送りします。

開催直前のお申し込みの場合は
振込明細の画像・PDFなどご入金を確認できる資料を
お送り頂きますことをお願いしています。

開催日15時までにこちらでご入金を確認できますよう
ご協力をよろしくお願いいたします。

※ワークショップの詳細や日程、場所など、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームにご入力頂いてもお受付けいたします!


<会場での開催にあたりまして>
※会場内の換気を行います。
※使用するテーブルをアルコールスプレーで除菌します。
※体調のすぐれないかた、風邪のような症状の方はお控え頂きますようお願いいたします。