4/1(水)『秘密の花園』と志村さん

2020年4月 1日 Posted in 中野note
IMG_0652.jpeg
写真は2017年4月1日に撮ったものです。
この日、私は神奈川芸術劇場の館長付として仕事をするようになり、
SANEYOSHIは保育室に初めて登園しました。新人同士でした。

あれから3年が経ち、昨日SANEYOSHIはその保育室を卒業、
さらに新人のRINKOと一緒に今日から二軒目の保育園に通い始めました。

あの当時、
新たな境遇の中でどうやって劇団を続けていこうか、五里霧中でした。
現在も活動の持続は容易ではありませんが、どんな状況にあっても、
芝居や唐十郎の世界を追究することが出来ると思っています。


話は変わりますが、残念ながら志村けんさんが亡くなりました。

自分は小さいころ、スイカ人間が怖くて仕方ありませんでした。
家族は大笑いしていましたが、自分はテレビを見ていられなかったのを
よく覚えています。

一年半ほど前、座間市のホールで『志村魂』の稽古を覗く機会があり、
ナマの「バカ殿」や「変なおじさん」を観ることができました。
彼らは実在したのです。ありがたいことでした。


ある時、唐さんの口から「志村けん」の名前が出たことがあります。

1982年、下北沢にある本多劇場のこけら落としシリーズで、
唐十郎、別役実、斎藤憐が立て続けに連作をしました。
その時に唐さんが書いたのが、名作『秘密の花園』です。

聞けば、唐さんは主人公のアキヨシを、
当初は志村さんにお願いしたかったのだそうです。

アキヨシは、女性に貢ぎ続けながらも手も握らず、
正座で黙って相手を見つめているような一途さが特徴なのですが、
テレビで喝采を浴びる志村さんの中に、
唐さんはそういうキャラクターを見出したのだそうです。

プロデューサーが掛け合ってはみたものの、
当時のいまにも増して志村さんは超売れっ子、
メディアの世界ではるかに多くの人やお金を背負う存在でしたから、
硬派な舞台への出演などとても無理だったそうです。

若き日の志村さんのアキヨシを想像すると、
やっぱり良かっただろうなと思わずにはいられません。

一方、結果的に柄本明さんがアキヨシとして迎えられ、
『秘密の花園』出演が現在に至る柄本さんの大活躍の端緒のひとつと
なるのですから、面白いものです。

後年、ご存知のように柄本さんは志村さんとの名コンビを組みました。

唐さんにそんな裏話を聴いた私には、
コントで手練の芸者に扮する志村さんと柄本さんが、
二人のアキヨシに見えてなりません。

林です!

2020年4月 1日
劇団員の稽古場レポートなるものを
1月からちょくちょく見かけていたと思いますが
せっかくですので、私も書いてみようと思います。

残念ながら中止となってしまいましたが、
どんな稽古をしていたのかなど
少し書こうかなと思いますので、お付き合いください!

中野坂上デーモンズの憂鬱
『園』

です。

総勢21名の大所帯。
唐ゼミ☆もいつもなんだかんだ大所帯ですが
劇団員のいない初めましての21人はなかなか緊張しました。

c676123e8c38d8c21668c7df5a063c33f_4620693218532240708_200401_0570.jpg

中野坂上デーモンズの憂鬱、の稽古はいつもラジオ体操から始まりました。
実は、唐ゼミ☆もそうなのです。


唐ゼミ☆は設営作業もあるし、なにしろテントですので
体が温まらないと、動けないと、声が出ないと、なので、
本気でラジオ体操をやります。あとは走ったりしてアップをしたりすることもあります。

そこで、客演先でもラジオ体操。

なんとなく、いつものルーティーン、安心感。
と、一人こっそり心の中で思っていました。

c676123e8c38d8c21668c7df5a063c33f_4620693218532674258_200401_0198.jpg

21名と、作・演出の松森モへーさんと、
実験するように稽古していました。
できたてホヤホヤの台本を持っていきなりやってみる、というのも初めてで
ひとまず相手とやりとりしてみる。

台詞を言ってみて相手の反応をみたり
相手の言葉に自分がどう響くかを感じたり。


なにより、人がやっているシーンをじっと見ていると
それが本当に面白い。
どんな風に感じているんだろう、自分だったらどうするだろう
なんて考えながらいつも稽古場におりました。

c676123e8c38d8c21668c7df5a063c33f_4620693218532240708_200401_0911.jpg

なによりも、たくさんのツワモノに出会ったので
まだまだ頑張らねば!と、気が引き締まりました。


と、突然の稽古場レポートをさせていただきました。
お付き合いくださり、ありがとうございました!

ではまた!!


唐ゼミ☆ 過去作品研究会

2020年3月31日
IMG_8002.JPG


唐ゼミ☆の過去作品を上映し、内容を検証。
公演のエピソードを劇団員とともに語りながら
唐作品の理解を深めていきます!!

日時:
4月 2日(木)19:30〜
4月16日(木)19:30〜

場所:
横浜桜木町 都橋マーケット内 BAR「はる美」
各回限定 5名(要予約)

お申し込み:
karazemi@yahoo.co.jp
070−1467−9274

メール本文に以下の内容をご記入ください。
①お名前
②連絡先(携帯番号とメールアドレス)
③参加希望日

※内容詳細はお気軽にお問い合わせください。




3/30(月)唐ゼミ☆過去作品研究会

2020年3月31日 Posted in 中野note
IMG_7495.jpeg
今日は劇団集合でした。
重村大介や佐々木あかりは他の現場で頑張っていますから、
残りのメンバーで現状や今後について話し合い、
『唐版 風の又三郎』3幕の本読みを
しました。

本読みが進む中で、いよいよ芝居は佳境です。
何人かの男女関係がもつれにもつれて、クライマックスに行き着きます。

一方、芝居もあまりに長大なドラマの終盤になると、
当初のキャラクター設定がブレてきているのを感じます。

1幕当初は口を酸っぱくして「女肌不触」を標榜し、
「チーム男色」で結束してきた元自衛隊員→帝国探偵社メンバーに
明らかな女好きが現れました(笑)

「淫腐(いんぷ)」というキャラクターです。
名前からして、バイセクシャルに目覚めたということかも、
などと考え込んでしまいます。

まあ、実際に役者が演じれば身体の説得力で成立してしまいそうですが、
この辺の余裕、いい加減さもまた、実に唐さんらしい豊かさです。

ともかく、次回の集合で、ひとまず完結するペースです。


また、これは新たに決めたことですが、
隔週木曜日で行っている「はる美」でのファンミーティングの内容を
見直すことにしました。

結果、4月からはこれです。
題して「唐ゼミ☆過去作品研究会」!

私たちがやってきた昔の公演映像をみんなで飲み食いしながら観る
という企画です。

この会の仕切りは米澤剛志がやっていますが、
米澤自身にとって学びの場にも、自分が入る以前の劇団活動を
検証する場にもしたいとの希望がありましたので、
古い公演映像を引っ張り出すことにしました。
これらを経て、『唐版 風の又三郎』に辿り着いたわけですから、
大いに観てください。

4/2(木)は2004年に上演した『盲導犬』
4/16(木)は2002年に上演した『ジョン・シルバー』

上演時間も90分程度と手頃なので、4月はこの2本でいってみます。

若い劇団メンバーや初めて劇団に参加する人もこの機会を利用して、
温故知新になれば良いと思ってはじめます。

まあ、何人かで酒やツマミをチビチビやりながら、観てください。

私のワークショップは変わらずにやって、
唐作品や『唐版 風の又三郎』を熟知する人をコツコツと増殖させます。

3/29(日)よみがえる雪中行軍

2020年3月29日 Posted in 中野note
IMG_7494.jpg
雪と自粛要請により人通りは少ないですが、
伊勢佐木モールのお店はほとんどいつもの通り開店。さすがです。


今日は雪でしたね。
外出を自粛すべしとお達しが出ていたところに雪が重なり、
ちょうど良かった。きっと車の事故なんかも少なくて済んだだろうな、
と想像しているのは私だけではないはずです。

今日はフロントガラスに積もる雪と格闘しながら、
朝から山の上にある文化施設に行ったり、劇場に寄ったり、
ほとんどいつものようにウロウロしていました。

思えば、降雪にドキドキさせられた経験は、過去に何度かあります。


2009年春先のこと、私はトヨタハイエースで大阪に向かい、
そこから名古屋を経て上越に旅しました。

2008年末に行った『ガラスの少尉』公演の際、
舞台セットの一部を南河内万歳一座さんに、
音響機材の一部を劇団KIOさんに、
お借りしたのでそれぞれ返却に行き、
次いで、いつも和服の古着を送って下さっている上越の古着屋さんに、
来るべき『下谷万年町物語』に備え、厚い協力をお願いしに行くのが
目的でした。

問題が起こったのは上越に着きかけた日の夕方で、
小雪が舞い始めたにも関わらず、当時の私は北陸の天候に無頓着、
こういう場合は車のワイパーを上げて駐車するものだということさえ
知りませんでした。

翌朝、一面の雪景色にかなりビビりましたが、
心配そうに見送る皆さんに「妙高高原を越えれば大丈夫だから」
と励まされながら、ハイエースをお尻ふりふりスタートさせました。

やっと長野の飯田に入った時、
いつの間にか雪跡さえもスッと消えたことにいたく感動し、
雪国との境界を見たように思いました。


さらなる試練は忘れもしない2013年の成人式で、
あの時は水戸芸術館で行われたコンサートに勇んで行き、
良かった良かったとホールを出たら一面まっ白になっているのに
ビビりました。
何せ天気予報には、雪の兆候は全く見られませんでしたから。

仕方ないので、やはりお尻ふりふり帰途についたのですが、
当然のように高速道路は閉鎖され、路肩には立ち往生した車の山。
あのような骸と化してなるものかと気合いを入れてローギアを駆使し、
下道を12時間かけて横浜に辿り着きました。

坂道のみならず、ちょっとした交差点の右折にも
後輪が雪に取られて空転する罠を何度も味わいましたが、
確かあの年以来、気象庁は異様に大袈裟に雪だ雪だと予告するように
なったのだと記憶しています。


公演中の雪といえば、ただ一度だけ。
2005年3月に近畿大学で行われた「唐十郎フェスティバル」に
『少女都市からの呼び声』を用意して参加した際、
3月3日の公演で雪が降りました。

客席は近大から借りた10台以上の石油ストーブで温かでしたが、
物語の終盤、ドクター・フランケ醜態を演じた名優・杉山雄樹が
舞台裏をオムツ姿で震えていたのを思い出します。

とはいえ、極寒の満洲が登場し、
ガラスの世界の住人・雪子がヒロインであるこの演目の上演には
なかなかオツな環境であったとも記憶しています。

3/28(土)舞台美術と言えば

2020年3月29日 Posted in 中野note
IMG_7490.jpeg
↑かつて、劇団員総出の深夜作業でペイントした舞台美術。
2007年3月に初めて上演した『続ジョン・シルバー』のセットです。
パネルに「海」が描かれています。

今日は、夜に何人かで集まって作業をしました。
劇団のメンバーはそれぞれの仕事を持っていますが、
人によって、イベントや公演の中止や、盛り場の閉鎖による影響が
現れています。

劇団というものは、どこか原始共産制みたいなところがあり
お腹が空いている人がいたら食べ物を分け合う、という風に自然と
なります。不安定な情勢下ではありますが、
何人かで集まって話をしていると、やはりかなり愚かな話もし、
気分が明るくなってくるから不思議です。
劇団のおもしろさ、人が集団でいることの強さを実感します。

一昨日に舞台美術家のカマダトモコさんとセットの話をして以来、
『唐版 風の又三郎』公演の美術に向けて、頭が動き始めました。
そこで思い出したのが、劇団員総出で描いた『続ジョン・シルバー』
のパネルです。

この時はテントでなく、劇団新宿梁山泊の牙城である「満天星」
という小さな地下の劇場を使わせてもらいましたので、
大きな柱も含めて、空間を上手く遊びたいと思って考案したのが
これでした。

物語的には「海の見える喫茶店」という設定です。
だから、海と喫茶店が一体化したセットを作りました。

これは、晴れた日に横須賀市の観音崎というところに行き、
撮影した映像を深夜にプロジェクターで投射し、
メンバー全員で片っ端から塗り込めていく作業によって
完成したものです。

学生時代にアルバイトしていたコンビニの店長さんがよくドライブに
連れて行って下さった効能がここに現れました。
数人の釣り人以外、いつもあまり人がいない京急観音崎ホテルの裏の
デッキボードから見える風景です。

本番では、このパネルの元になった映像を投射しながら開演すると、
不思議な風合いになって気に入っていました。
東中野の地下室にも、海の匂いを運ぶことができたように思います。

柱は、喫茶店を貫く大木として造形し、オーガニックなカフェという
ことにしました。
IMG_7488.jpeg

3/27(金)劇にもいろいろあります

2020年3月27日 Posted in 中野note
IMG_7485.jpg
都橋マーケットの照明は思いのほか明るく、
何十年もの時代や状況を凌いできた強さを感じさせます。

昨日はワークショップをして燃え尽きました。
件の新型コロナウイルスの影響で対応に追われる部分もあり、
早朝からあっち行ったり、こっち行ったりしていましたが、
ようやく定時直前に辿り着いた「はる美」で完全燃焼しました。

こういう時、密かに数人で台本を読み、
妄想や想像を膨らませていると、
そこに、これから創っていくべき世界が現れて、
身のうちに力が湧き上がるのを感じます。

創作プロセス的に雌伏の時でもありますから、
いずれ遠くないうちに、ドカーンとやってやるぞと燃えてくるのです。

常連さんがよく付いてきてくださって、こちらが励まされています。

また、新たなワークショップ日程を記載したチラシを撒いて
新しい人も誘いたいなと思っていますが、
ごく少人数の、かなりマニアックに作品を追いかける会を
なかなか良いロケーションで繰り広げています。

こういう時世下では、
公共機関や大企業より、コツコツと手仕事を積み上げるような
私的で小規模な集まりや営みが地力を発揮するものだと実感しています。

平時は象や恐竜が強いものですが、時によると、
ネズミがすばしこく生き延びることもあるわけです。

換気や通気性と意味では、
唐ゼミ☆がこれまでやってきた中でも、
トラックや自然の景観を生かした野外劇は、かなりの開放感です。
IMG_7492.jpeg

雨に弱く、興行としての安定感に欠ける嫌いもありますが、
あんまり収束しないようなら、そういう手も使って、
大いに身体を張ってみようかというアイディアが、頭をよぎります。
IMG_7493.jpeg


3/27(金)第6回ワークショップでした!

2020年3月27日 Posted in ワークショップ
こんにちは、ちろです。

隔週木曜日(イレギュラーもあり)、ワークショップ。
@Barはる美。

大岡川には桜が咲き始めていました。
新型コロナウィルス感染拡大防止のため、4月頭に予定されていた「大岡川桜まつり」は
中止になってしまったようです。
残念です。満開だとこんなに綺麗なんですよ!

大岡川の桜.jpg
写真撮り忘れたので、ヨコハマ新聞の
webページから拝借。


そんな状況の中でのワークショップ。
1時間半の間、熱中する参加者の皆さんと中野さんを邪魔しないよう
時折、私がドアを開け換気!換気!
何だかそわそわしながらの私は、三度も鉛筆を落としました。

『唐版 風の又三郎』いきますよー!

WS2020.03.26 Erikanohana.JPG
『エリカの花散るとき』の歌詞。

劇中で使われる歌、『エリカの花散るとき』を一度聞く。
中野さんがゼミログで仰っていたとおり、今回は「夜の男」に焦点をおいて
進めていくということで、この「夜の男」が大好きな歌から。
(今回は歌わず、聞いてみました)

さあ、一幕。
織部と夜の男の出会いのシーン。
この出会いの短い会話の中で夜の男は、
「こんばんわ」を5回も言います。
正確には「こんばんわ」3回、「コンバンワ」2回。
何故、そんなに何度も言うのでしょうね?
皆で考え、中野さんのお話で理解します。
状況が分かると、科白の出し方も自ずと変わってくる。
短いシーンですが、夜の男の人物像が少し見えてきます。
(勿論、中野さんの解説があってですが・・・(汗))

WS2020.03.26 3people.JPGのサムネイル画像

そして、間もなくテイタンの三腐人登場。
この三腐人のシーンの方が少し長く時間をとりました。
乱腐の長科白、参加者の方が一所懸命、何度もトライして下さいました。
説明科白、きちんと伝えるのって難しい。
以前、自分が苦戦したのを思い出しました・・・・。

WS2020.3.26 2people.JPG

そうそう、織部を女性の参加者に演っていただきました。
新鮮でよかったなあ。

次回はどんなワークショップになるかしら。


今後の予定と申込方法はこちら↓↓↓
4/9(木)
4/23(木)
4/30(木)
5/7(木)
◎時間 19:30~21:00
◎参加費 1500円(ワンドリンク付き)

お申込み:
070-1467-9274(劇団携帯)

メール本文に以下の内容をご記載ください。
①お名前(おふりがな)
②ご連絡先(携帯番号・メールアドレス)
③ワークショップ参加希望日

※ワークショップの詳細や場所など、
お気軽にお問い合わせください。



3/25(水)美術の打ち合わせをしました

2020年3月25日 Posted in 中野note
IMG_7477.jpg
舞台美術家のカマダトモコさんです。
家がご近所なので、小回りの効いた打合せを申し入れることができ、
いつも助かっています。

2019年1月の『ジョン・シルバー』『続ジョン・シルバー』以来、
今回も舞台美術をお願いしているカマダトモコさんと
第1回目の打ち合わせを行いました。

まずは企画書をお渡しし、公演日程や会場候補地についてご説明、
次いで、台本の中で展開される各シーンについて解説し、
さらに、『唐版 風の又三郎』全体のあらすじや読み方について、
お話ししました。

自分が参照してきた資料や、
作品にちなんで訪れてきた場所や建物の情報なども伝えました。

今夜は、新型コロナウイルス対策で世間が騒然としているために
ごく短時間の話し合いでしたが、今度、現場を下見しようと約束して
別れました。

こちらが作品に託して実現したり、伝えたいことや、
公演に関わる諸事情を伝えてしばらく経つと、
カマダさんはいつも面白いデザイン画をくれます。
現在まで3度味わいましたが、あれはすごく愉しみな瞬間ですね。

今は世の中全体が雌伏の時ですから、
何しろ、この先の見えない時間を有効に使いたい。

関わってもらうスタッフの皆さんには、
これからこうして順々に会って行こうと思います。

3/24(火)まだまだチラシを作り続けています

2020年3月25日 Posted in 中野note
IMG_7470.jpg
禿がずーっとチラシを作っています。
彼女は私と違って基本的に夜型で、デザインを試行錯誤し続けています。

今日は、神奈川芸術劇場での仕事を終えて、
津内口も連れて禿が作業中の横浜国大に行きました。
津内口もデザインができるので、
自分より実地なアドバイスが可能だからです。

ちなみに、残念ながら中止になってしまった「芝居の大学」チラシは、
津内口の手によるものです。
芝居の大学2_20200216.jpg

他にも、現在配られている出演者やワークショップ受講生を
募集するためのチラシも、津内口作です。
これは、台本の中に岩波文庫が出てくるので、
あの、いつも見かけるあの文庫本のイメージを参考にしています。
募集チラシ2020_0107_バックなし-01.jpg
津内口はギャラリーでも仕事をしており、
実にキレイ目のデザインをするのですが、禿はかなり独特です。
そこで、局面によって二人がそれぞれ仕事をすることにしています。

唐ゼミ☆公演のチラシを禿が作るのはいつものことなのですが、
数年前までは椎野が最も出番やせりふの多い役をやっていましたから、
なんとか両立できていました。

最近は舞台も禿が完全な中心ですし、今回はただでさえ長大な台本です。
せりふも出番もかなり膨大ですから、何とか早めにデザインを仕上げ、
安心して稽古に臨める環境を作りたいのです。

作業はすでに消耗戦に入っています。
今回は可能な限り時間を持ち寄って創作プロセスをともにし、
隣で自分は各種仕事も捌きながら、
目処がついたら都度、意見するのを繰り返したいと思っています。

そうしていると、何となしに会話もしますから、
ずいぶん昔のことも思い出されます。
先日ここで書いた『腰巻お仙 義理人情いろはにほへと篇』のことは、
私よりも禿の方がずっと印象深く覚えていました。

また何か思い出されたら、ここに書きつけたいと思います。