1/20(月)ホントに三週間で!?

2020年1月20日 Posted in 中野note
IMG_6737.JPG
↑2011年に行った「大唐十郎展」準備の際に伺った時に撮影した「乞食城」

唐さんはいつか、
『唐版 風の又三郎』を三週間で書いた、と仰っていました。
台本を作ってみて、私が体感したのは、
これが実に、驚異のスピードだということです。

『少女仮面』の二日間はそれに輪をかけますが、
『風又』は登場人物の入り乱れ方がまるで違う。はるかに複雑です。

もちろん、私の場合は他の仕事を同時にしているとはいえ、
書き写すのに18日間かかった身としては、
これを三週間でか!? というのが率直な感想です。

考えながら書いていると、まず三週間では書けない。
頭の中から湧き出る奔流を書き留めた、
というスピードでなければ、ちょっと考えられない。
そういうことが、実際に追っかけてみて判るのです。

自分が知り合った1999年以降の唐さんは、
年に一本を基本に、多ければ二本、というペースで書かれていました。
春の唐組公演は新作、秋の唐組は旧作を改訂。

そこに、第七病棟に書いた『雨の塔』があったり、
大学で行ったゼミがきっかけとなって『鯨リチャード』が生まれたり、
他にも、
新宿梁山泊のために書いた『風のほこり』や『紙芝居』、
唐組が『二人の女』と抱き合わせて上演した『姉とおとうと』、
2011年8月には、
私たちのために『木馬の鼻』をプレゼントして下さいました。

そういう例外を除いては、年に一本を基調とし、
だいたい11月に執筆するというのが基本ペースでした。

一方、『唐版 風の又三郎』を書いた70年代の唐さんは、
状況劇場のために春も秋も新作、しかも往々にして大長編。
さらに、『盲導犬』や『唐版 滝の白糸』など、外部への作品あり、
文芸誌を中心とした媒体への小説やエッセイの寄稿あり、
映画にも取り組んだりしていますから、とにかく多作でした。

ですから、
唐さんは一座で山中湖畔にあるアトリエ兼倉庫、通称「乞食城」で合宿し、
書きながら稽古していた、とも聞いたことがあります。

早朝、唐さんが乞食城の天守閣(というか物見櫓?)で執筆し、
書けたところまでを、そこから劇団員で稽古、
そんな具合だったと伺ったことがあります。

70年代に書かれた作品の内容から、
脱稿してからから稽古した劇か、執筆と稽古が同時に行われたものなのか、
想像するのは面白い作業です。

一番は内容ですが、内容をもとに見当をつけ、
当時の唐さんのスケジュールを出来る限り調べたり、
初演に関わった方に訊いて、それを裏付けます。

私は今のところ、『唐版 風の又三郎』は前者だと思っています。

【参加者募集!】唐十郎戯曲を読む

2020年1月19日 Posted in ワークショップ

唐ゼミ☆ワークショップ
唐十郎戯曲を読む

IMG_6677.JPG

劇団唐ゼミ☆の演出・中野敦之が、
唐作品の読み合わせをしながら作品解説を行います。
(1時間30分)

開催:隔週木曜日19:30~21:00(1/16 、30、2/13、27)
場所:横浜桜木町 都橋マーケット内 BAR「はる美」
参加費:1500円(ワンドリンク付き)
各回限定:5名(要予約)


お申込み:
karazemi@yahoo.co.jp

070-1467-9274(劇団携帯)

メール本文に以下の内容をご記載ください。
①お名前(おふりがな)
②ご連絡先(携帯番号・メールアドレス)
③ワークショップ参加希望日


※ワークショップの詳細や日程、場所など、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームにご入力頂いても受付けます!

募集チラシ.png



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先日、第1回を迎えた劇団唐ゼミ☆ワークショップ。
現場レポートはこちら

・本読み
・解説
・唐さんから直接伺ったこぼれ話
・劇中歌を考える、歌う

などが行われました。
毎回、集まったメンバーによって
すこしずつ内容をかえていく予定です。

異界の出来事、わけのわからない筋道、
そんな風にとらえられてしまう唐さんの戯曲が
ストンと腑に落ち、登場人物と自分とが
妙に地続きにとらえられるようになります。

唐さんはよく「わけがわからなくはない!」と
不満そうでした。
そう、ちゃんと論理があるのです。

どうぞ、この機会に是非ご参加ください。
ワークショップ後はとりとめのないお話を
楽しみましょう!!





1/18(日) 劇団集合日!重村!

2020年1月18日 Posted in 日々のこと


今日は病み上がり重村がお伝えします。


本日は綱島の倉庫で劇団集合!


18a.jpg



18b.jpg



今日は横浜でも雪が降りました。


そして今日はセンター試験でもありました。

僕はこの季節いつも体調が悪くなります。

(センター試験5回受けた影響か!?)

そしてこの前これ!

インフルエンザA型!

またかかってしまいました。


三年連続のインフルエンザ。

とほほ。

でも今年のインフルエンザはきつかった~!


39.

病院に行かないと死ぬ!

(ここまでは例年通り)

しかし月曜日は成人の日。なんと祝日!

病院はどこも開いてない!

インフルエンザは慣れてるつもりですが

タミフルなしのインフルエンザは

本当にしんどかったです。

熱冷ましだけで2日間を乗り切る。

その後タミフルを手に入れるも、遅れたタミフルのせいか

そこからも2日間苦しむ。


新年早々、インフルエンザに

なってしまった重村ですが、

昨日から元気に復活してしております!!


さあ今週は野毛のバーでの

ファンミーティングが始まります!


<劇団唐ゼミ☆ファンミーティング>

開催:隔週木曜日19:30~1/232/620

場所:横浜桜木町 都橋マーケット内 BAR「はる美」

ご予約方法:karazemi@yahoo.co.jp


まだお席ございます!

ぜひぜひいらして下さい!!!!


18c.jpg


以上、やる気!元気!重村!がお伝えしました!




1/17(金)唐ゼミ☆第1回ワークショップでした!

2020年1月17日 Posted in ワークショップ
IMG_6677.JPG
↑横浜、日ノ出町近くにあるバー「はる美」でのワークショップ

こんにちは、新人劇団員、ちろです。
自己紹介すると大抵、「え?もう一回行って下さい」とか
「本名じゃないですよね?」とか言われます。
本名ではないです(笑)。だって、犬か猫みたいですものね・・・。
そういえば、昔、最初に私をちろと呼んだ友人は、愛猫家でした。
私が芝居を始めた場所、角替和枝さんのところでもこの呼び名を使うことにしました。
愛着もあるし、既に多くの芝居仲間からこの名で呼ばれているので、
このまま「ちろ」でいいかなあと思っています。
(名字が必要かなあと思うことがないこともないです)

さて、名前のことはこのくらいにして、昨日のワークショップについてお話ししましょう。
唐ゼミ☆、初のワークショップが開催されました!!
場所は桜木町駅と日ノ出町駅の間にある、昭和の香りムンムンの「Barはる美」。
初回は参加者2名でこじんまりと開催されました。Bar自体もとてもこじんまりです。
参加して下さったのは、唐さんの作品が大好きで、唐ゼミも何度も観劇して下さっている方、
そして「ジョン・シルバー」三部作を一挙に観て下さった役者さん。

まず、中野さんからの唐ゼミの始まりや今後の唐ゼミの予定について簡単にお話がありました。
その後、本読みをしました!

IMG_6678.JPG

中野さんの細かく丁寧な解説を受けながら、「ジョン・シルバー」の二幕の頭を
じっくり読みました。中野さんの脱線面白エピソードも含め、約2ページを
1時間くらいかけて読みました。
どれくらい細かくじっくりかお分かりでしょう?
2ページを1時間ですよ!

紳士と女(小春)。
まず、声を出して読んでみる。台詞の意味を一緒に考え、理解して、もう一度読む。
繰り返し繰り返し読む。どんどん台詞の持つ力や表情が変わってくる。
面白い。

未熟な新人劇団員の私は、参加者の皆さまと共に唐さんの作品に向き合い、
考える、とても有意義な時間でした。

「異常ではないんですよ、唐さんの世界は。異常な人は出てこない。
ただ、過剰な人たちが出てくる。」

昨日のWSで、一番印象に残っている中野さんの言葉です。
「だから・・・・・・・」
さあ、続きが聞きたい人、一緒に本を読んでみたい人、、
是非、サークショップにご参加下さい!!

多くの方にワークショップにお越しいただき、唐さんの作品、
唐ゼミ☆に興味を持って頂けたら嬉しいなと思います。

帰り道に参加者の方から、頭を沢山使いとても濃密な時間でした、
と感想をいただきました。

またお会いできるのを楽しみにしていますよ!
新規の方も、気軽にご参加下さい。(要予約!)
昭和の香りのする、Barはる美でお待ちしております。

ちろ

1/16(木)『唐版 風の又三郎』を写し終わる

2020年1月16日 Posted in 中野note
IMG_6673.jpg
今日は、記念すべきワークショップの第1回目でした。参加者は2人。

久しぶりにバーはるみのカウンターに入って、
10年前、『下谷万年町物語』のために、
仲間を募っていた頃のことを思い出しました。

ワークショップの様子は、
立ち会った新人劇団員のちろさんが、明日レポートしてくれます。

それよりも何よりも、
昨日、1/15(水)午前中をもって、
『唐版 風の又三郎』の台本をひと通り写し終えました。
12/29に始めましたから、合計18日間。
1日に向き合ったのは、冬樹社から出ている全集版で5〜6頁。
ノートを取りながらかなり根を詰めたつもりなんですが、
やっぱり時間がかかりました。
量は実に膨大で、3幕224頁。
ざっと『ジョン・シルバー』の2.5倍あります。

終わってみて、ずいぶん遠くまできたような実感です。
同時に、まるで大河ドラマを身のうちに取り込んだような充実感があります。

誰がどうなってそれぞれがどう絡み、主人公たちが最後まで行き着くのか、
かなり見渡せるようになりました。

明日からまた、
誤字脱字をチェックしたり、
単行本・全集・文庫本を見比べて、変化がないか検証したり、
登場人物の登退場や各場面の時間的変遷を示す香盤表を作る作業が始まります。

ここからは劇団員の力を結集して、上演台本を完成させるのです。

1/15 『NIPPON・CHA!CHA!CHA!』

2020年1月15日 Posted in 日々のこと

劇団唐ゼミ☆在籍17年目。
劇団内では唯一の裏方、齋藤が今日はゼミログを書かせていただきます。

数日前のゼミログにも書かれていますが、僕は現在KAAT大スタジオで上演中の
『NIPPON・CHA!CHA!CHA!』という作品の演出助手として携わらせていただいております。
今日はその休演日。
年始からのハードスケジュールが一旦落ち着き、こうしてゼミログに登場と相成りました。
自己紹介がてら、少し書かせていただきます。

実家がレストランだったためか、大きく、すくすく育ち、大学入学と共に横浜へ。
受験の時に見たNHKの芸術劇場で興味をもち、入学してすぐに唐ゼミ入り。
大学1年から照明をやらせてもらって、そのまま、照明の道へ。
小劇場の演劇や舞踏の公演などに携わらせていただきながら卒業後も続けていました。
(ただ、普通にコンビニバイトもしてました。)

スクリーンショット 2020-01-14 22.46.04.png
そのころの私(中央白いTシャツ)


もう7年も前の2013年。
右も左もわからずに、ただもうガムシャラに頑張って、いろんな方の力を借りて成功した公演。
舞台監督デビュー作が『唐版 滝の白糸』。場所は、KAAT 大スタジオでした。
これがきっかけで、照明から舞台監督へと転向、今に至ります。

スクリーンショット 2020-01-14 22.56.05.png
KAAT〈大スタジオ〉での『唐版 滝の白糸』


少し舞台監督としても安定してきたかなあ、なんて一丁前に思っていたある日、突然のオファーがありました。

「演出助手をやらないか?」と。

面白そう、と言う直感だけで「やります」と即答。
しかし帰り道くらいで、ものすごく不安になりました。

演出助手は文字通り、演出家の助手として何でもこなし、
演出家が不在だったり、出演しているシーンなどについては、
演出家の目の代わりとなって舞台をチェックするのが仕事です。

舞台監督とは似て非なる仕事なのです。
稽古初日の緊張と不安はものすごいものがありました(実は、未だに毎日緊張してます)
不慣れなことも多く、また、たくさんの方に助けていただき、何とか本番に漕ぎ着けることができました。
演出助手としてのデビュー作もまた、KAATの大スタジオ、になりました。


話題は戻って、『NIPPON•CHA!CHA!CHA!』。

数日前のゼミログで中野さんも書いていますが、この本を読んで、
僕も如月小春さんの印象が完全に変わりました。
靴屋とマラソンランナーを軸に、劇中のセリフを借りれば「貧乏人の苦労話の成功物語」。
そしてそのドラマ裏にある、如月さんの「昭和」と「日本人」、そして気づくと「今の日本」も。

演出の山田うんさんは、言わずもがな世界的なダンサー。
演劇の演出は初めてとのことですが、横にいてたまに嘘なんじゃないかと思ってしまうこともしばしば。
それくらい作品に対して誠実で、鋭く、本当にすごい方です。


今回、初めて演出助手をやらせていただいて、今までのやってきたことが凄く活きているのを感じます。
唐ゼミでずっと中野さんの横で演出をみていたこと。
唐さんの本の中に出てくる、自分の知らない物事を一生懸命調べながらやってきたこと。
何より「作品を面白くするためには」をずっと考えながら過ごしてきたこと。
そういった唐ゼミで溜め込んだ様々なものを活かしながら、演出助手に励んでいます。

そういえば、如月さんはご自身の本の中で、
演劇を始める前、女子中学生のころに紅テントに近づいて、白塗りの役者に驚かされて逃げたエピソードを書かれていました。
また今回オオヒラ社長役の平川和宏さんは、状況劇場にいらっしゃった天竺吾郎さんと共演の経験があったり。
様々なことがリンクしているような気になっています。

公演自体は折り返しをすぎ、残り半分の後4回。
今回の公演は演劇だけでなく、ダンス版のNIPPON-CHA!CHA!CHA!も同時上演です。
うんさんの作る、演劇版、ダンス版『NIPPON-CHA!CHA!CHA!』も本当に見ものです。

まだ間に合いますので、ぜひご覧になっていただきたいと思います。
あ、林麻子も可愛いウェイトレスで出演してます。

よろしくおねがいします。

NIPPON-CHA!CHA!CHA! 詳細はこちら


おまけ
ENeq32DVUAEgnjN.jpeg
誕生日、祝ってもらいました。恥ずかしかったです。








1/14(火)成人式からこんにちは

2020年1月14日 Posted in 日々のこと
こんにちは、新人の佐々木あかりです。
初めましての方もいらっしゃると思いますので、
今日は自己紹介をさせて頂きます。

私は、昨年より唐ゼミ☆に参加していますが
普段は桐朋学園芸術短期大学に通っています。
(学校についての話はまたいつか、改めて)

そして、今年度20歳になりました。
なので、昨日成人式でした。
今日はその成人式について書かせて頂きます。

IMG_6660.JPG
↑成人式で着た振袖の写真

小学校の頃、テレビのニュースで流れていた成人式の風景は、
なんだか手の届かない別世界のようでした。

当時は中学生すら大人に見えいたし、
自分が本当に20歳になるなんて思っていませんでした。
だから実際に迎えてみるとなんだか変な気分です。

なんだ、何にも変わらないじゃん。

地元の友人の中には5年ぶりに会う人もいましたが、
友達が一目でわかる。

見た目も心も変わらない人ばかりでほとんどの人が
昨日まで会っていたかのような感覚。
単にクラスメイトだったというだけの人にも、
すぐに声をかけられました。

私は私で、なにも変わっていないようです。

IMG_6659.JPG
↑七五三(7歳)の時の写真

確かにそのままじゃん。

私は黒と白の振袖に赤い帯を選んだのですが、
もうどうせだったら同じような柄の振袖にしたらよかった!
色々なことを思いましたが、なんだかんだとても楽しい1日でした。

私をここまで成長させてくださった皆さんに本当に感謝です。
成人になったと言えどもまだまだ未熟です。なので精一杯、色々と吸収して、
30歳、40歳の私は今よりずっと成長しているといいなと願います。

唐ゼミ☆ファンの皆さんにも、これから暖かく見守って頂けたら嬉しいです。

以上、佐々木あかりでした。

1/13(祝月)レバノンに向かうのはゴーンだけではない

2020年1月13日 Posted in 中野note
IMG_6653.jpg
↑唐さん流、海外公演の資金獲得術がこれ!

「レバノン」という土地に注目が集まっています。
日産自動車のカルロス・ゴーン元会長の逃亡・滞在先としてです。

一方、私たち唐十郎門下にとっての「レバノン」は、
目下取り組んでいる『唐版 風の又三郎』初演時、
唐さんが海外公演を行った場所として記憶されています。

1970年代の前半は、唐さんの一つの黄金期でした。
三年連続、ホップ・ステップ・ジャンプで次々と代表作をものにし、
紅テントの声望がいや増しに高まったのがこの頃。
同時に唐さんは、それぞれの演目に因んだ海外遠征を仕掛けることで、
劇団修行とプロモーションを同時に敢行しました。

1972年春 『二都物語』⇨韓国 ソウル
1973年春 『ベンガルの虎』⇨バングラデシュ ダッカ・チッタゴン
1974年春 『唐版 風の又三郎』⇨パレスチナ  レバノン・シリア・ヨルダン

ざっとこんな具合です。

このあたりの手口は、
前に触れた川上音二郎もそうですが、
唐さんの同時代人で言えば、
神彰さんや康芳夫さんの影響もあるように思います。

要は、世間から暴挙としか思えない、言わば"死地"に赴くことで、
そこでの冒険を劇団や芝居に刻み付けて帰り、注目を集める。

戒厳令下のソウルを逃げるように後にしたり、
東南アジアの気候と水、食事に完全に体調を崩し続けたり、
それは、なかなかの強行軍だったと聞いています。

「ああ、日本に戻ってヤキトリ食べたいなあ」
現地に滞在しながらそう思ったと、いつか唐さんはおっしゃっていました。

同時に、
公演先で入場料を取ることができない世界各地での公演に際し、
劇団主宰者として厳しい経営感覚を持つ唐さんが、
ただの持ち出しのしたわけではありません。

例えば、パレスチナ公演の時には、
冒頭に写真を挙げたアサヒグラフにルポルタージュを書くことで、
全部ではないにせよ、軍資金の一部を稼いていたそうです。

メセナも助成金もない時代、筆一本で世界と渡り合おうとした唐さんの、
気概と智謀が伝わってくる方法です。

そして、このことが、
現在の私たちのように唐さんの後を追う者たちにとって、
貴重な資料を与えてくれているのです。

1/12(日)重村インフルエンザ!

2020年1月12日 Posted in 中野note
IMG_6652.JPG
↑我が劇団の「飛び道具」とも「鉄砲玉」とも呼ばれ、
  一部でコアな人気のある重村大介。春のテント設営時の様子。

今日は劇団集合。
集合の日は、林麻子がいつもゼミログを書いてくれます。

しかし、ここ何回かは、
彼女がKAAT公演『NIPPON・CHA! CHA! CHA!』 に参加しているために、
重村大介が代理で集合の様子をレポートしてくれていました。

今日も当然、彼にお願いしたかったわけですが、重村は欠席。
聞けば、インフルエンザだとのこと。

考えてみれば、重村は実にインフルエンザに愛されている男で、
昨シーズンなど、流行りはじめの2018年12月に罹って稽古をしばらく休み、
世間がすっかりインフルのことを忘れた4月頭にも感染するという、
相性の良さでした。

要は、AもBもいけるクチだったのです。

そういうわけで、本人はさぞ苦しいでしょうが、
「ああ、またか」という風に、少し笑ってしまいました。
(ごめんネ。重村)

これで彼は、少なくとも水曜日まで引きこもり生活です。


集合では、

私がワードで打った『唐版 風の又三郎』二幕の誤植をチェックしたり、↓
IMG_6645.jpg



登場人物の一人「夜の男」が二幕で歌う劇中歌の元ネタがどうしても判らず、
緊張しながら初演でこの役を演じられた大久保鷹さんに電話したら、
全然関係ない話に終始して電話を切られたり、↓
IMG_6646.JPG



いよいよ1/16(木)から「はる美」で行うワークショップの準備をしました。↓
top_2_3_200114.jpg



こんな感じで、みんな、すこぶる元気にやっています!!

1/11(土)三幕に突入!

2020年1月11日 Posted in 中野note
IMG_6501.jpg
年末、夜に訪れたニコライ堂の外観。そのうち、中に入ってみたい。


現在は週に一度、劇団集合があります。
それまでに、企画自体の仕込みや、作品の中身に関わる作業を進めて、
皆に報告するべく生活しています。

昨日は夜遅くに、
ワークショップやファンミーティングの会場をお借りしてお世話になる、
お店のママやお隣の店のオーナーさんにご挨拶に行きました。
いよいよ来週からスタートします。

一方で、台本作りは三幕に突入しています。
『唐版 風の又三郎』第三幕の舞台は御茶ノ水です。
御茶ノ水といえば、明治大学出身の唐さんが学生時代を過ごした街。

聖橋やジロー、ニコライ堂といった地名が科白に紛れて飛び出すと、
作者にとってこの場所が、勝手知ったる遊び場であったことが伝わってきます。

今度、ニコライ堂の中に入ってみたい。私の身近な目標の一つです。
「ニコライ堂の鐘が〜」という科白があるので、ぜひ本物を聴いてみたいのです。

ニコライ堂といえば、

ここはかつて「赤い呼び屋」と呼ばれた稀代の興行師・神彰が、

その仕事のデビューを飾った「ドン・コサック合唱団」の招聘にあたり、

プロモーションに使った場所です。


ロシア帝国の崩壊によって難民となった兵士たちが結成した合唱団「ドン・コサック」。

彼らは羽田空港に到着するやいなや、まずは御茶ノ水のニコライ堂に立ち寄り、

ここで祈りの合唱を捧げたのだそうです。

この行為は結果的に、ギリシャ聖教の徒たる合唱団の神秘性を高め、

巨大な宣伝につながった。それが、1956年3月24日のこと。

何ともロマンチックな話ではありませんか。


話を戻して、『唐版 風の又三郎』。

年末に代々木の帝国探偵社前からスタートしたドラマは、

二幕に探偵社の中で繰り広げられる夜の学芸会、

幕間の病院を経て、御茶ノ水に行き着きました。

あと数日で、大々円を迎えます。