1/27(金)出た!ロンドン節にブチギレる!

2023年1月27日 Posted in 2022イギリス戦記
スクリーンショット 2023-01-27 22.30.24.png
↑これ! 送られてきたレシートのテンプレート!

やはり起こってしまった。
ロンドンは相変わらずのロンドンである。

どういうことかというと、去年11ヶ月間、イギリス滞在の間に使っていた
ケータイのキャリア、Vodafoneからしれっとメールが届いたのである。
曰く、1/26に35ポンドを引き落としました。
要するにレシートを送りつけてきたのだ。

・・・これをずっと警戒してきた。
どうせこうなるような気がしていたので、念入りに店を訪ね、
本当に大丈夫だろうねえ?と念押ししてから帰国した。
なのに、である。

ロンドンでのケータイ契約はまことに簡単で、
お店に行ってSIMカードを買うだけで番号がもらえる。
1ヶ月の通話時間とか、受信できるデータ量とかは会社と料金によるが
日本のような煩わしさが全くない。
止めない限り、1ヶ月ごとに勝手に更新される。

契約した時、
解約するときはどうすれば良いのか?と質問した私に、
店員は、SIMカードを抜けば勝手に契約関係は解消される、と答えた。

・・・何か信用できなかったので、
帰国前にお店に行き、12/31で契約解消してもらって結構だと伝えたら、
店員はカタカタとパソコンを打ち、「これでもう大丈夫。安心して良いですよ。
イギリスにいる間、使ってくれてありがとう」などと着実かつ口当たりの良いことを
言って送り出された。

なのに、である。
やはりレシートは知らん顔で届き、このままだと永遠に月額35ポンドを
巻き上げる気らしい。これがイギリスだ。腹立たしいし油断ならない。

早速にブチギレたメールを返信したら、どうやら送信専用のアドレスらしく
弾き返された。ウェブからの侵入を試みるも、連絡先は極めて分かりにくい。
ログインしないといけないらしいが、そのログイン情報は
英国で使っていた番号に紐付きのショートメールに送られてくるのだ。
つまり、今の自分ではそのログインができない。

しかし、こんなこともあろうかと、私には家の近くに住んでいた
日本語の通じる友だちがいる。いざとなれば彼女に店に行ってもらおうと思うが、
ほんとうにナメた話だ。

できるだけ早期にケリをつけてやる!
そんなことを考えながら鼻息荒く一日を過ごしていたら、ミミから電話があった。
生真面目で優しい友人だ。それにどうやら、自分は英語をさほど忘れてはいない
ようで、安心した。イギリスやロンドン全体を否定するのは止めるけれども、
やっぱりVodafoneは許せん!!!

1/26(木)秘儀、ブレイク・ソサエティ

2023年1月26日 Posted in 中野note
IMG_9860.jpg
↑1ヶ月前にはブレイクゆかりのフェルパムに彼の行きつけを訪ね、
ランチを食べていた。自分でも信じがたい・・・


今朝は早起きをしました。
何しろ、午前4時半からのオンライン会議に参加したのです。
ザ・ブレイク・ソサエティの会合。
英国時間の19:30開始が、日本時間の翌日4:30開始でした。

ロンドンで発見した会員制教会コンサートに参加するために
ホームページづてに連絡をとったのが縁で入会したこの会合。
1年に一度の年次総会が行われたのです。

私にとって初めての参加が年次総会となりましたが、
これはなかなか興味深い体験でした。
まず、開会前はいかにも神秘的な、そうプラネタリウムにでもかかりそうな
音楽が鳴っていて、ブレイクの版画がスライドショーされている。

定時になり開会すると出席者のうちの何人かが顔を出すわけですが、
皆、一様におしゃれな部屋からのオンライン参加か、背景画像に
やはりブレイクの版画を使ったりしている。

年次総会なので決算報告などもありましたが、
総じて、参加者の一人であるオーストラリアの方が、彼の国での
ブレイク需要を発表したのを面白く聴きました。

英語は、あまり衰えを感じません。
というか、都営期間中の最後だってトップスピードで話されると
よく振り切られていたので、もともとが低空飛行だ、という意味で
違和感がないのです。わかることはわかる。わからんことはわからん。

ともあれ、こんな風にロンドンでの体験の後の愉しみに繋がるのは嬉しい。
いつか、唐さんの『吸血姫』の劇中歌について説明する日が来るかも知れません。
半世紀ちょっとまえの極東に、こんな影響がありましたよ、と。

参加人数はそう多くなく、20数名というところでした。
それだけに秘密の集まり感があって、それがスパイスになっていました。
題材が秘密めいていますし、スタイルが秘儀っぽい。
次回もよろこんで参加します。

1/25(水)横浜中華街に行く

2023年1月25日 Posted in 中野note
IMG_0561.jpg
↑移動後の新店舗。張記小籠包は遠藤啄郎さん気に入りの店だった

久々に横浜中華街に行った。
ひどい寒さの割りに、お客さんが戻ってきている感じがする。
1年ぶりだったせいもあり、ただ歩いているだけコロナが流行ってから
今までのことを丸ごと思い出した。

2020年の春先。
緊急事態宣言により全てのお店が閉まった時のこと。
その軒先で、50枚で3,500円するマスクを売る露店が幾つもあったこと。
それらがあっという間に値下がりして、店の人たちに悲壮感がつのっていたこと。

中華街といえば、山下公園側の大通りに面した"張記小籠包"という店に
通ってきた。ここは横浜ボートシアターの遠藤啄郎さんから教わった店で、
ボートの公演終了後に連れてきてもらってから通うようになった。

自分の酸辣湯麺好きはここから始まって、
それから何軒も食べたけれど、ちょっと替わりが見つからない。
寒いロンドンにいた時も、ああ、あそこの酸辣湯麺を食べることが
できたら、と何度か思った。

SOHOのチャイナタウンは値段が高くて気軽に行ける場所では
なかったし、街場の中華料理屋にはいつも違和感ばかり覚えて、
会計後に後悔してばかりだった。

さて、"張記小籠包"。
久々に!と思ってお店の前まで行ったら、
別の、中華料理屋でもなんでもない居酒屋になっていて愕然とした。

繁盛店だったからお店の人の健康に何かあったのかと
悲嘆に暮れたが、ネットで調べてみると「移転」とあり、
なるほど、中華街の真ん中らへんに懐かしい看板を発見した。

店に入ると懐かしい店員さん。
久しぶり!という話になり、しばらく来なかった理由を伝えたり、
引越しの理由を聞いたりした。賃貸契約の更新時期を区切りに
移動したらしい。

いつもの!と頼んだら大盛りで持ってきてくれた。
酸辣湯麺を食べながら、遠藤さんに「僕が初めてこれを食べたのは
1970年代のパリ」と言われたのを思い出した。
ヨーロッパが身近になったので、以前よりその情景が想像できる。

遠藤さんは2020年2月上旬に亡くなったから、
ギリギリのタイミングでコロナを経験しなかった。
いつも陽性の雰囲気を持つ人だったから、コロナによる
様々な制約を知らずに逝ったことが、遠藤さんらしいと思う。

以前よりアクセスがスムーズでなくなった分
頻度は減るだろうけれど、また通おう!

1/24(火)『秘密の花園』本読みWS 第3回レポート(中野)

2023年1月24日 Posted in 中野WS『秘密の花園』

download-1.jpg

↑いちよに指輪をプレゼントした主として、話題にあがる"かじか"

もともとは魚の名前で、小さくてブサイクな魚

ゴリとも呼ばれて、金沢では美味の一種



昨日の深夜はレポートを挫折してしまいましたが、

今日は気を取り直して書きます!


一昨日、相変わらず『秘密の花園』人気からか参加者が多く

ありがたく感じています。

一方で、体調を崩しての直前キャンセルの方が数人いました。

寒波の予報も出ているし、風邪が流行っている。

お互い気を付けましょう。


第3回ということで、1幕中盤を当たりました。

その骨子は下記5点です。


①大貫に給料を渡してしまい、いちよになじられるアキヨシ

②一転、アキヨシに責められ、夫婦の過去を告白するいちよ

③アキヨシのお給料をめぐってつばぜり合い。大貫といちよの対話

④アキヨシの秘策

⑤日暮里の殿の来訪とかじか登場への前振り



①大貫に給料を渡してしまい、いちよになじられるアキヨシ

結局、アキヨシは大貫にお給料を巻き上げられました。

しかも、彼が事故で死なせてしまった赤ん坊の母親を慰めるよう

依頼まで受けてしまった。お人好しなアキヨシが自嘲気味に

部屋に戻ると、待っていたのはいちよ。

お金を渡してしまったアキヨシをいちよはなじります。


②一転、アキヨシに責められ、夫婦の過去を告白するいちよ

一転、今度はアキヨシがいちよを攻める。

2年通いながら大貫の起こした事故=いちよにとっても大問題に

ついて打ち明けてもらえなかった水くささを攻めると、

いちよは夫婦の遍歴を告白します。大貫といちよが日本全国を

股にかけた美人局(つつもたせ)の結婚詐欺だったこと。

そんな中で大貫が事件を起こしてしまったこと。

(↑この部分の時間の整理はちょっと曖昧です。事故を起こして

以来、詐欺を働くようになったという経過が自然ですが、矛盾する

証言があります)

その上、いちよにはカモにしている相手=日暮里の殿の甥っ子

"かじか"がいて、殿の血縁だけに手を焼いている。詐欺の相手としては

危険なので巻き上げた指輪を返さなければならない、という

いちよの現在の苦境まで、アキヨシの理解するところとなります。

アキヨシはいちよの味方となり、指輪を外すために二人で工夫する。


③アキヨシのお給料をめぐる大貫といちよの対話。

指輪の外れぬうちに大貫が帰ってきます。

アキヨシは押し入れに隠れ、小貫はいちよにあってしまう。

夫婦の会話をしながらも、アキヨシからお給料を巻き上げたのを

いちよが怒っているのは明らかで、大貫は誤魔化しながらその場を

離れます。表面的な会話の下で繰り広げられる暗闘が面白いところ。


④アキヨシの秘策

大貫が去ると、アキヨシといちよの指輪問題が再燃します。

そこでアキヨシは、いちよがかじかにプレゼントしたのとそっくりな

指輪を取り出し、それを返すよういちよにアドバイスします。

その指輪は、アキヨシのお姉さんのものだという・・・


⑤日暮里の殿の来訪とかじか登場への前振り

殿がやってきます。

いかにも殿らしい威丈高ぶりでいちよに甥のかじかの素晴らしさを

説く殿。が、いちよは意を決して婚約解消を申し出ようとします。

その原動力となるのはアキヨシ提供の指輪。

かじかの登場は間近!



・・・というところまでやりました。


第3回で当たった箇所には、

初演で殿を演じた山崎哲さんと下北沢界隈についての

楽屋ネタがあったり(これは改訂版ではカット)、

一方で(文鳥のように首をかしげるいちよ)などの印象的な所作が

発見できます。


唐さんから直接に伺った話として、

・かじかは十貫寺梅軒さんのをヒントに書かれ、実際に演じたのは藤井びんさん

・アキヨシを志村けんさんにお願いしたかった

といったエピソードも披露しました。


特に初演版アキヨシのキャスティングについては、

志村けんさんと柄本明さんの芸者コントに大笑いした世代として

感慨深いものがあります。

また、唐さんが志村けんさんに一途さや寡黙さを見ていたことも

面白いと思います。


次回は1幕の終盤に差し掛かっていきます。

1/23(月)くたびれ果てたので楽しい話題を

2023年1月24日 Posted in 中野note

326943120_893098105214374_7783855513023585030_n.jpg

↑典型的に愚兄賢弟の三男。なるほどかしこそうです


今日は月曜日です。

いつもならば日曜に行ったワークショップのレポートをする日。

けれど、心折れました。


すべての仕事を終えて帰宅したのが24:15。

そこから食事してレポート執筆にかかりましたが、

ようやくあらかた書いたところでシステムエラーが起こり、

完全に消えてしまいました。

ほとんど、9割がた完成していたというのに・・・


ですから、レポートは明日に回します。

今日は短くて楽しい話題をやりましょう。


井上リエさんからオオカミとこぶたのイラストが届きました。

『オオカミだ!』のパントマイム・ショーの中に出てくる

紙芝居をデザインし、宣伝ビジュアルも作ってくれているリエさんが

新たにイラストをプレゼントしてくれたのです。


チラシに載っているオオカミだけでなく、こぶたもいます。

井上リエさんはオシャレな輸入食品を扱うカルディのビジュアルを

担当されているクリエイターで、あのユーミンのコンサート

ビジュアルも何度も描いてきました。


知れば知るほど良い作家に引き受けてもらったものだと思います。

肝心のケッチさんのショー部分を考える際も、リエさんの絵に

大いに助けてもらっています。


以上、愉しい話題でした。現在26:00を過ぎています。

もう風呂入って、寝る!


↓カルディといえばこの絵でしょう!

download.jpg

1/22(日)2023年始まる(ちろ)

2023年1月22日 Posted in 劇団員note
久しぶりに都内に出かけました。
少し時間があったので、花園神社にお参り。
テントのない花園神社を訪れたのは、初めてかな?
ゆっくりと散策しながら思いを巡らせました。
1月も半ばを過ぎていたのに沢山の人がいて
ちょっと驚きました。
外国人も多かったです。
前回訪れたのは、唐組の『おちょこの傘持つメリー・ポピンズ』

blog1.22.jpg
テントのない花園神社

昨年は学びの多い一年でした。
役者として舞台に立ったのは1本でしたが
別の方向から舞台をつくることに関わり
少しは違った見方ができるようになっていればいいなと思います。
何より沢山の素敵な方々との出会い
そして、その方々から学んだ多くの事が財産です。

一年を通して、ちょっと忙しくし過ぎたことは反省。
年甲斐もなく、休むことを忘れて突っ走ってしまい
燃え尽き、ほっとしたら年末にぶっ倒れる始末・・・。
家族と過ごす時間を削ってしまった後ろめたさもあり
ひと段落したら家族と過ごそうと思っていたのに
逆に面倒をかけてしまい、益々肩身が狭い。(汗)
今年は、もう少し周りを大切にしながら生きようと思います。

IMG_7872.jpg

昨年最後に関わった舞台、『中川と村上とギンガテツドウノヨル』。
2020年の、唐ゼミ『唐版風の又三郎』でご一緒させて頂いてからのご縁で
気田さんの作、演出の作品に微力ながら関わらせて頂きました。
本当に温かくて素敵な作品、皆さんとの出会い感謝しております。

今年は二人芝居にも挑戦する予定。
さてさて、どうなることやら。



1/21(土)劇中歌WSレポート

2023年1月22日

さて、今回は、らくだの姉妹のところへ
ヒロイン・小春が現れる!

シルバーを探している小春、
らくだの姉妹には気づかず、悲しみの中。

そんな小春に、
「なんだい、お前?」
と絡んでいく姉妹。

男の記憶を持っていない姉妹たちは
"シルバー"いう名を口にした小春に
男の思い出を求めてさらに絡む。
5FEE4694-07EE-4B72-94F6-B734CAA4FE8F.jpegのサムネイル画像


「私は何も知りません。何もさがしていません。」

思うような答えをくれない小春にやきもきし始めた姉妹は
ナイフを持ち出し、脅すような勢いで迫る。

小春はナイフの柄をふるわせると、思い出が聞こえてくると
二人に話す。
舞台前に歩いていき、床にナイフを突き立てる。
耳をすます姉妹たち。

「ブルンブルンいってたよ」
「それだけかい?」
「それだけさ。」


なーーんだ!!と期待するようなものでなかった二人は
さらに小春に迫る。
そこで小春が手にもっていたヴァイオリンケースに気づいた
姉妹は、目をつける。
きっとその中にあるに違いないと
無理やり小春から奪いとる。

そのケースを開けると、
純白の義足!
これが男の記憶、とその義足を二人で差し上げる。

と、ここまでで終了!
小春、らくだの姉妹を繰り返し人を入れ替えながら読みました。
コミカルにも感じる姉妹に対して、
シルバーへの思いをずっと持続させている小春は
言葉数は少ないけれど、存在感があります。

次回はその小春が、いよいよシルバーを探すために
床屋へとやってきます。
ではまた!!


『オオカミだ!』チラシの完成

2023年1月20日 Posted in 中野note

IMG_0439.jpg

↑『オオカミだ!』チラシができました。さっそく撒き始めています。


公演日時と場所はこんな感じ!

2/17(金)19:00

2/18(土)11:00

2/19(日)11:00

於:下北沢 本多劇場


今日のお昼に劇場の下見に行きました。

これまで下北沢には何度となく足を運んできましたが、

自分が公演する側になるのはこれが初めてです。


普通だったら必ずや通り過ぎるであろう下北沢ですが、

テント演劇をやっていると空き地を求めて彷徨ってしまう。

だから初体験です。


現在はちょうど修繕中だったのですが、

セットも何も無い舞台を初めて見ました。

唐さんの『秘密の花園』によりこの本多劇場が

スタートしたのだと思うと感慨がありました。

それに、駅前の変化したこと。


渡英していた11ヶ月の間に、駅前から劇場に至る道はかなり

スムーズになり、両側には新たな飲食店が多くオープンして

多くの人たちが気持ちよさそうに昼食をとっていました。


渋谷駅から井の頭線に乗り換えるルートも久々に歩きました。


すでに1月下旬に差し掛かっています。

稽古は2月に入ってからですが、

しなければならない準備は山ほどあります。


帰国以来、日本で再会した仕事や生活を定着させるために

過ごしてきましたが、今日を境に意識の中心を創作に切り替えます。


チラシを渡しながら何にかに訊かれましたが、

大人ひとりでの観劇ももちろん大丈夫です!

1/19(木)床屋の値付けにビックリ

2023年1月19日 Posted in 中野note
IMG_0413.jpg

今日は午前中の予定に余裕がありました。
そこで、家から日の出町あたりまで走り、鶏ひき肉を買うことにしました。
日本に帰って以来、外食に対するモチベーションがあまり湧きません。
明太子とか塩ジャケ、納豆などの良いものを味噌汁とやるのがひどく美味く感じます。
今日は鶏肉の専門店に行きたくなって、そんな風に走ることにしたのです。

途中、上の写真を見て驚きました。
あまりにも安い価格設定。文字の大きさとゴチック体のフォントが、
決然としたお店の意志を訴えていました。右の方に「男性客も大歓〜」という表記が
見えますが、要するに男性客を歓迎する旨が書いてありました。
つまりここは、女性用の店なのです。

丸刈り→490円です。それにしてもこの安さよ。

思い起こせば、ロンドンの床屋はひどく態度がデカいところばかりでした。
まず、寝ると怒られる。おそらく髪が切りにくいからでしょう。
はっきりとDon't sleep!と言われる。Pleaseは付かない!

それに、頭の向きを変えるときにはガシッとつかんでグイと方向をチェンジ
させられます。なかなかの力の込めよう。そこに優しさはありませんでした。

極め付けは「耳ファイヤー」。
これはアラブ系の床屋に限ったことらしいのですが、
耳の周辺の産毛を一掃するため、時にお線香の巨大な感じのやつに点火し、
立ち上る炎で耳を炙るのです。反射的に身をのけぞらせて熱がると、
周囲のお客さんと一緒に「ワッハッハ!」と笑われました。ドS!

散発のスピードは極めて速く、一人15分とか、その程度です。
値段は顔剃りなしで2,500円くらい。
都心の高級なところに行かなかった私が悪いのかも知れませんが、
グリニッジ周辺の3軒はいずれもそんな感じで、割と優しめな店員を見つけて
腰を据えました。ただし、その人がいなければやはり他の荒らくれに
グイッとやられてしまう。

日本に帰って来られて幸せです。

1/18(水)井上リエさんのアトリエに行く

2023年1月18日 Posted in 中野note
IMG_7513.JPG
↑帰り際に記念撮影もしました

今日はたくさん移動しました。
朝から、横浜→深川→関内→鎌倉→吉原と巡って横浜に帰ってきました。
特に、鎌倉の腰越にある井上リエさんのアトリエには初めて行きました。

リエさんは、神奈川の仕事で県内を巡る中で知り合いましたが、
クリエーターとしてお訪ねしたのは初めてのことです。

来月に控えている『オオカミだ!』という子ども用の公演の中で、
リエさんには劇中に登場する紙芝居をデザインしてもらい、
それをチラシのイラストにも使わせてもらっています。

ロンドン滞在中に仕事を依頼、引き受けてもらってから
ずっとメールや電話やZoomでやりとりしてきました。
以前とは違った関係で直接に会うのが不思議な感じがしました。

腰越のアトリエに着くと、幾つもの作品が壁にかけられ、
机とか、マットとか家具類などにもデザインが溢れていました。

イギリスで暮らした家の中にはあらゆるところに絵や写真が飾られていたので
自分の家にもこういったものがあると良いと夢想しましたが、
3歳の娘の攻撃にさらされるのが目に見えているので、
もっと先のことだと思い直しました。

けっこう話し込んでしまった後に東京に向かいました。
台東区吉原のお寺で行われる江戸文化研究の勉強会に
ずっと参加しています。酒井抱一という人がいかに書や画の技芸を
体得していたかという話を聞き、その多才ぶりに驚きました。

日本に帰ってきてから、会いに行くべき人に片っ端から面会しています。
初めはリストをつくっていたのですが、かえって気が急いて混乱することに
気づいたので、行けるところから行くというやり方に切り替えました。

2月第2週から『オオカミだ!』の稽古が始まるので焦っています。
リエさんのアトリエに一緒に伺ったテツヤさんと話しながら、
そういえば下北沢で自分が公演をするのが初めてだと気付きました。

学生時代に初めて大学を飛び出して新宿で公演した時、
日々、あの街に通うのだと想像しただけで興奮したのを思い出しました。
1ヶ月後には千秋楽を迎えていることを、信じがたく感じます。