12/4(金)祠(ほこら)の時間①

2020年12月 4日 Posted in 中野note
DSC02760.JPG
教授時代。2004.4.25。海辺で行った『ジョン・シルバー』公演
千秋楽の冒頭に立つ唐さん。

昨晩、『ベンガルの虎』を読んでいると書きました。
私は冬が近づくと、特に集中して台本を読みたくなります。
それには、私が師事し始めて以降の唐さんが、
よく11月に新作を執筆されていたことが影響しているように思います。

唐さんはこの時期をいつも、
「祠(ほこら)の時間」と呼ばれていました。
つまり、自分の内に篭って気を練り、
これからの指針を立てる時間にしようと云うわけです。
つまるところ、翌年の春に公演する作品を書き、公演を構想すべし。

学生時代から、私たちの秋公演本番は、
だいたい10月末から11月上旬に集中していました。
9月末から10月にかけて唐組紅テントが公演を終えると、
バトンを受け取るようなタイミングで私たちは公演してきました。

学生時分は全日、教授職を退かれてからも、
初日・中日・楽日という具合に唐さんは公演に立ち会って
くださいましたが、この時期の唐さんはいつもより緊張感があり、
あの大きな瞳が、ちょっとギラギラして感じられました。

あ、執筆をされているな、と私は思ったものです。
そういう時期は、いつも饒舌な唐さんが、しばしば宙空を見つめながら
「今は黙っているべきだ」というオーラを漂わせていました。

それから少しすると、「1幕」とか、
あるまとまった部分まで書き進めて感触を得ると、
今書いている芝居のモチーフや面白い場面について
お話をしてくださったものです。

唐さんが繰り広げる執筆中の芝居の話はすこぶる面白い。
しかしどこかで、唐さんはこちらの反応を伺いながら、
台本の出来をさぐっていたようにも感じられました。
そういうわけで、伺いながらやっぱり緊張したものです。

年末までに新作を書かなければならない、
いつも唐さんはそうおっしゃっていました。 〜つづく〜

12/3(木)まったく歯が立たない!

2020年12月 4日 Posted in 中野note
IMG_9875.jpg

公演が終わって間も無く2週間が経とうとしています。
あと3日で年季明け。新型コロナウィルスによる緊張感は
今も私たちに付き纏っており、今日のように急激に冷え込もうとも、
怖くて熱も出せません。

ところで、『唐版 風の又三郎』の全編は、
今も自分の頭と身体にこびりついており、
あ、2幕のあの部分はこう云うやり方もあったな、
などと改善案が浮かぶと、俳優たちを集めて試してみたくなります。

一方で、いつまでも『唐版 風の又三郎』ばかりをくゆらせているのも、
なんだか進歩がない気がしてきます。
通暁している演目に遊ぶのは愉しい。
けれども、未知の荒野に踏み出し、頭を抱えつつも
新たな作品を自分のものにしていかなければ。
そういう強迫観念にかられます。

そこで、『ベンガルの虎』に取り組んでみることにしました。

何しろこの作品は、70年代初頭の唐さんがホップ・ステップ・ジャンプで
生み出した成功作群の一角を担う傑作と云われています。

ホップ・・・・『二都物語』1972年春公演
ステップ・・・『ベンガルの虎』1973年春公演
ジャンプ・・・『唐版 風の又三郎』1974年春公演

と云う具合です。
『唐版 風の又三郎』は当然いつでもいける。
『二都物語』は明日から稽古しろと言われてもいける。
ところが『ベンガルの虎』はといえば、恥ずかしながら
これまでノーマークでやってきていました。

そこで、早朝に起き出しては、余儀に研究してみることにしました。
これはもう上演する・しないではなく、長年やってきたように、
一作一作のせりふやト書きを吟味し、理想の脳内劇場上演を
構想してみるのです。

方法は至ってシンプル。
台本を端から端まで、少しずつパソコンで打ち込み、
せりふやト書きを書き写していく、それだけです。
分量が多いので、全編を制覇するのに3週間ほど
かかりそうです。年内には終わりそう。

こんな風にして私のパソコンには、
大量の台本データが入っていますが、
コツコツと写してきた結果です。

現在、『ベンガルの虎』は1幕の半ばを過ぎたところです。
が、主人公の水島カンナが謎めき過ぎているし、
その他おおぜいの登場人物たちも、その行動原理がよくわからず。
今のところ、まったく歯が立っていません。

最後までいけば判るのかどうか分かりませんが、
ともあれ、こうしてひとつひとつ、
精通している演目を増やしたいと考えています。

12/2(水) まもなく参ります(齋藤)

2020年12月 2日 Posted in 劇団員note
舞台監督の齋藤です。
『唐版 風の又三郎』 ご来場いただいた方、またご支援いただい方、本当にありがとうございました。
本番が終了して10日経ち、大精算大会も終えて、徐々に日常に戻っています。

さて、ここからまた週に2回ほど、劇団員がゼミログに登場します。
これに際して、中野さんから、「公演中に自分だけが見た、面白いこと」というお題が出されました。
劇団員が見た風景にご期待下さい。

さて、本題に戻りますが、唐ゼミの公演では、本番中の場面転換は手の空いている役者全員で行います。

今回の公演で言えば、二幕から三幕への転換がそうだったのですが、
場面転換に参加できない役者(着替えなど)が多く、かつ転換するセットが多いと、
緞帳の裏は、まさに「戦場」で、声こそ出さないものの、なんとも言えない「勢い」があります。

10分そこらで、全てのセットチェンジを終え、息を切らせながらスタンバイに入り、すぐに本番。
スタッフワークからまた役者に帰る瞬間、皆の目はものすごくギラギラします。
僕はその顔が本当に好きで、極力皆に声をかけて本番を始めるようにしている節があります。

お客様が見ることのない光景ではありますが、あの瞬間、なんとも言えない独特の雰囲気を醸し出しているのです。
ミッションをこなした安堵感とこれから迎える幕への高揚感&緊張感で、はっきり言って「カッコいい」顔をしています。
「まもなく参ります」と声をかけた時の顔。
写真では残せない、そんな素晴らしい一コマです。




そういえば、千龝楽の日。
僕は転換終了後に資料として舞台の写真を数枚撮影しました。
資料のためだけにセット転換を頼むのは心苦しく、またこの日は早く転換が終わったのもあって
舞台の上手、下手と1枚だけ写真を取りました。



まず下手側。
20201202_1.jpg


次に上手側
20201202_2.jpg


そして、皆に「まもなく参ります」と声をかけようと下手側を振り返った時、
出演者の「としとし」こと小林くんが突然電話ボックスの中に立っていました。
しかも、満面の笑顔で、ピースをしながら。

そもそも本番中に役者さんが記念写真をとる文化が好きになれないのもあり、
(本番に集中して欲しいと思ってしまうので)
また何よりそんな自分が写真を撮っている後ろめたさもあり、
思わず口からでた言葉は「記念写真じゃねーよ」でした。

今まで数えきれないほどの「まもなく参ります」の顔を見てきましたが、
あの笑顔が、一番印象的だったのかもしれません。
そしてあの顔ができるとしとしは、間違いなく大物です。

今考えると、撮っておけばよかったかなぁと思う今日この頃です。
ごめんね、としとし。


(齋藤)



12/1(火)熊野の力

2020年12月 1日 Posted in 中野note
IMG_9861.jpg

本日は劇団集合でした。大きな公演を終えた後の劇団集合。
皆、それぞれにたて替えて買い物していたレシートを持ち寄って
精算を行いました。

いつの公演もそれぞれに力を入れてやってきたつもりでしたが、
それでもやっぱり、今回の公演は私たちにとって特別な大事業でした。

私としては、一年間もの時間をかけて準備した公演は、
2009年に上演した『下谷万年町物語』が思い出深い。
19歳の熊野が唐ゼミ☆に参加して、ほんの少しの出番にも関わらず
光るものを見せたのも、この公演でした。

熊野にはもちろん、個の演技者としての能力と野心がありますが、
同時に視野の広さという美点があります。
今回、織部という大役を担いながら私が不在の時の稽古場を
切り盛りしていたのは、紛れもなく彼でした。

自分とはまた違った統率力で皆を引っ張るのだけれど、
熊野の演じるべき織部はほとんどの登場人物より弱々しい。
そのアンバランスさには苦労していて、ようやく帳尻が合ったのは
本番直前だったように思います。


そもそも、今回の公演の演目に『唐版 風の又三郎』を構想したのは、
実は『ジョン・シルバー三部作』を終えた後に行った劇団集合での、
熊野の希望が強く影響していました。

彼は率直に、もっと打って出たいと言った。
そんな熊野の切実な意見に、私と劇団全体は大きく触発されました。

演目が、かくもストレートに唐さんの代表作かつ有名作になったのも、
なんとか新宿での公演を実現しようと、区や街の皆さん、
以前から公演場所捜しに力を貸してくれている友人・関口忠相君を
改めて「公演場所世話役」として頼って協力を仰いだのも、
もとは彼が発端でした。

そうだ!
このゼミログを毎日書くようになったのも、
ワークショップを始めて様々な人と出会うことができたのも、
去年の10月末に熊野が身をよじるようにして自身の渇望を
こちらにぶつけて来なければ、起こらなかったことでした。

Facebookを始めて、
唐ゼミ☆をやりながら、横浜国大で学び働きながら協力してきた人たちと、
ここ数年、KAATで働きながら知り合った多くの皆さんに
劇団と劇場、どの仕事も自分は本気でぶつかっていることを知ってもらおうと
思ったのも、彼がきっかけだったように思います。

自分より年少の劇団員とした約束には、抗い難いパワーがあります。

時には疲れて眠い日もあったけれど、
多くの文章を書きながら、その時々で多くの人たちとの切り結んできた作業を
振り返ることで、自分はかなり充実しました。
こう、『唐版 風の又三郎』上演に向かって、
唐ゼミ☆だからこそ可能な表現に向かって、
KAATで一つ一つ取り組んでいる仕事に対しても、
これまで以上に勇気が湧いてきました。

まだまだ振り返りたい人との出会い、
多くの人に伝えたい唐さんと唐十郎作品の面白さ、
追究を怠らない限り訪れるだろう発見や気づきが、
自分の日常には溢れています。

きっかけをくれた熊野に感謝しつつ、これからも更新も続けていこうと思います。

DSC_0650.JPG

今更ですが、近々、Twitterも始めるつもりです。

11/30(月)過去の上演との比較について

2020年11月30日 Posted in 中野note
DSC_0842.JPG

今回、私たちが上演した『唐版 風の又三郎』は、
概ね好評を以って観客の皆さんに受け入れられました。
少しは厳しいご意見もありましたが、
『唐版 風の又三郎』という演目自体に大変な威力があること、
役者たちがよく台本を体現し、中にはこれを使いこなす者もいたこと、
コロナ禍での上演というリスクを孕んだ公演にいつも以上の緊張感や、
観客の皆さんとの連帯意識を共有できたことが大きかったと考えています。

目下、
今回観に来られなかった方にぜひこの劇を見届けて欲しい、
上演終了後にもう一回観たいという方のリクエストに応えたい、
という二つの思いが、私を再演へと駆り立てています。
近いうち、何とかならないものか!

ところで、私たちは今回、
同じ演目を上演した他のバージョンと見比べられるという経験を、
ほとんど初めて味わいました。
これまで、せっかく「唐ゼミ☆」なのだから私たちしか上演しないものをと、
どちらかといえばマイナーな作品を手掛けることが多かったので、
これは新鮮な体験です。

唐さんの作品の中では『少女仮面』の上演頻度がダントツに高く、
ずいぶん差が開きますが、『唐版 風の又三郎』もまた圧倒的人気作です。
かくいう私も、金守珍さんや松本修さんの演出する本作に触れて
ここまで来ました。当然、影響を受けます。

また、今回は、特に主演をした禿恵が、
状況劇場が初演した時の李礼仙さんを彷彿とさせると
何人もの方におっしゃって頂きましたが、
これは私たちには確認のしようがありません。

一方で、とかく存在感や個性の以って語られやすい状況劇場の
俳優陣ですが、特に李さんは、圧倒的な量のダンスレッスンや
稽古を自らに課し、しかもテキスト重視主義だと伺っています。
(数年前にスズナリで観た『少女仮面』の「春日野」は、
これまでになくト書きに忠実で驚きました)

生真面目に追いかけていると、何だか似てくるのか。

それに、何人かの関係者に云わせれば、
とにかく状況劇場のメンバーは日々、劇団集合を重ね、
稽古を行っていたと。それこそ、公演があろうがなかろうが、
年末年始以外はとにかく"集合!""稽古!"であったようです。

どうやって食べていたのかは謎ですが、
そこで培われた阿吽の呼吸、鋼鉄のアンサンブルを
残された映像や音声の資料から感じることができます。
異様に練習しないと、あんなことはできない!

いずれにせよ、時代が違う私たちは
ありがちなアングラ風やテント芝居の上演様式、
唐さんの劇はこのようなもの、と云う思い込みを超えて、
目を皿のようにして台本の細部まで検討し尽くすことで唐十郎に
肉薄したい。さらに今回の公演で、見較べてもらうことは
なかなか面白いと気づいたので以降はメジャー演目も取り上げたい。
そう思っています。

11/29(日)ワークショップについて

2020年11月30日 Posted in 中野note
IMG_9839.jpg
↑『唐版 滝の白糸』はこの雑誌に掲載されたのが初出でした(1974.9.10)。

今日は日曜日でしたが、
ワークショップの無い夜を久々に過ごしました。
ここ半年間は、ずっとハンディラボでZOOMをしてきましたから、
ちょっと不思議な感じがします。

初め、このワークショップは『唐版 風の又三郎』の出演者を
募集するために開始しました。

この大作には実にさまざまな登場人物が必要で、
現在の劇団員の数では特に男性役が足りませんでしたので、
稽古のさわりをここで体験し、作品の内容も伝えた上で、
出演を希望してくれる人がいたら良いと思ったのです。

と同時に、私たち劇団や唐さんのファンの期待にも応えたいと
思いました。コロナが流行する以前、私たちの劇団公演ではいつも、
芝居がはねた後にテントの中でお客さんお話をしてきました。
すると、中には唐さんの著作をたくさん所有し、何年にもわたって
本当によく読み込んでいる猛者が何人もいることが分りました。

そういう方たちと、あるいは全くの初心者でも、
とにかく唐さんの作品に興味を持つ皆さんに、
こういう読み方、愉しみ方がありますよ、
というご提案がしてみたかったのです。

実際、ワークショップの内容は、
読み解き甲斐があると私が感じた戯曲の一部分を俎上に上げて、
とにかく皆さんと一緒に声を出して読み込むというものです。
その方法自体、劇団で行う本読み、大学で展開している講座と
ほとんど一緒です。

戯曲を理解し、面白さを味わうにはこれが一番ですし、
実際に舞台に立つのであれば読んだ内容を体現するところまで
いかなければなりませんが、ここではとにかく読み手の頭の中に、
題材にした作品の理想的な上演がイメージできれば良いと考えています。

これは、ともすれば私たちの上演を観るハードルを上げてしまう
ことにもなりますが、自分たちに負荷をかける意味でもやっています。

再来週から始めるのは『唐版 滝の白糸』、
かつては沢田研二さんが主演で初演された1幕ものです。
ここから2ヶ月間ほどかけて、頭から読んでいってみたいと計画しています。

11/28(土)米澤剛志との対話

2020年11月28日 Posted in 中野note
IMG_9835.jpg

今日はKAATで劇団員の米澤に会いました。
彼には、劇場で行っている事業についてアルバイトを頼んでいたので、
せっかくなので今回の公演について振り返ったり、
これからのことについて話したのです。


米澤は、自分と同じ愛知県の出身で、
彼がまだ大学1年生の時、『青頭巾』という作品を
野外劇に仕立てて東北巡回ツアーを行ったのに参加したのを
きっかけに劇団に入りました。

初めは、大道芸人役の重村の助手として舞台に上がりましたが、
2014年秋に新宿中央公園で公演した望月六郎さんの新作『君の罠』で
大きな役を任せると、持ち前の大音声を発揮してこれを乗り切りました。

以来、唐ゼミ☆の大きな戦力として頼りにしてきましたが、
番外として、藤沢市で行った秋元松代さんの『常陸坊海尊』や、
秦野市で行った山﨑正和さんの『実朝出帆』でも、
コミカルな役を演じて気を吐きました。

他にも、得意の映像編集技術を生かして、神奈川県内の町村部を
巡ってオリジナル・スタンダップコメディを創作した際は、
PVを作ったり。それに刺激を受けて自らもスタンダップコメディを
始めたり、建築家の山本理顕さんと佐藤信さんが協同して行った
名古屋の東別院での野外イベントの際は、
プラトンの極めて難解な対話編を朗々と読み上げて結果を出し、
それが、座・高円寺で行われたエドワード・ボンドの『戦争戯曲集』公演
への出演に繋がりました。

IMG_3960.jpg

今回の「教授」はかなり大役で、
座組み男役の中で下から2番目の若さであるにも関わらず、
とにかく年長で偉そうにしていなければならない役を演じて、
大いにせりふを言い、笑いも取りました。

なんと云っても、初演は唐さんが演じられた役ですから、
千秋楽は大いに緊張したことと思いますが、
唐さんの観賞に堪えて初めて「唐ゼミ」ですから、
私としても手応えを感じています。

聞けば、今後に向けて個人的に構想し、走り出しているようですが、
栄養と休養を充分にとり、あと1週間を無事で過ごして
米澤の『唐版 風の又三郎』を完走してもらいたいものです。

DSC_0057.JPG

11/27(金)ぜんそく界のヒーロー

2020年11月27日 Posted in 中野note
IMG_9536.JPG
↑ぜんそく対策として、心肺機能を上げるようにしています。

年が明ければ40歳。
ああ、自分はおじさんなのだと実感しています。
さらに加えれば、おじさんにはおじさんの、
じわじわとした体力があることも実感しています。
実際、最近は随分と働き続けられるようになりました。

先日、公演明けにバラシを抜け出して桐朋学園に教えに行ったところ、
学生たちは皆、くたびれ果てていました。
私が『唐版 風の又三郎』に躍起になっている時、
彼らは彼らで、大学の中間発表のために奔走していたのです。
ペーター・ゲスナー先生が演出をして、
福田善之さんの『袴垂はどこだ』を上演したと云います。
なかなか興味深い企画。

4割の学生が欠席し、出席した人たちがつい眠そうにしているのを見て、
自分の学生時代を思い出しました。

横浜国大の丘の上に、『さすらいのジェニー』で唐組が使っていた
紅テントを立てて公演をする。短い公演期間が終わると、
夜から片付けにかかる。夜明けを迎える頃に倉庫への仕舞い込みが
終わると、ガストで雑炊なんかを食べました。

その後、家に帰るのですが、何日かすると決まって風邪をひく。

一番ひどかったのは、もう学生ではなくなっていた2007年の夏で、
暑かった『面』公演を終えた後に風邪をひき、
それが持病の喘息を併発させて、これがぜんぜん治らない。
ついに発作が止まず、横になると苦しくて眠れないので、
壁にもたれてようやくウトウトするのが関の山の1週間が過ぎた頃、
何度目かの病院に行ったところ、縦隔機種(じゅうかくきしゅ)だと
診断されました。要は、肺に穴が空く、気胸の一種です。

この時は、唯一の対処法である「安静にする」をひたすら続けて
回復を待つより仕方ありませんでしたが、とにかく公演後こそ
緊張を解いてはならない。油断は禁物なのだと痛感させられました。

ちなみに、喘息はたいそう苦しく、
なぜ自分はテント演劇などと云う気管支に負担が
かかる表現を選んでしまったのだろうと、自らの選択を恨んだこともありましたが、
そんな時の心の支えは、かの革命家チェ・ゲバラでした。

どうやら、彼もまた喘息持ちだと、ものの本で読んだ時、
私は心から励まされたものです。南米のジャングルに潜んで行うゲリラ戦より、
テント演劇の方が環境的には明らかにマシに決まっている。
だから、がんばろう、喘息持ち。

現在では対処法を色々と心得、
ましてコロナ禍の今回は風邪をひかずに切り抜けられそうです。

11/26(木)次にするべきことは・・・

2020年11月26日 Posted in 中野note
IMG_9772.JPG

片付けも終わった、本日の早朝。
やはり5:30には起きてしまう。

そこで、劇団として次にするべきことを考えました。

(1)今回の公演への御礼やご報告
お世話になった人たちの顔を思い浮かべています。
とりわけ、ご支援の募集に応えて下さった方々にどのように御礼をするか、
思案しています。少しお待ちください。
また、助成や後援をして下さったところにも、
報告書を完成させて早めにお届けしないと。

(2)『唐版 風の又三郎』再演の準備
年度が明けたら、又やりたいと思っています。
今回、Covid-19の影響で初めから観に来られないとおっしゃっていた方。
満席ゆえにお断りせざるを得なかった方。
また観たいとリクエストしてくださった方。
他にも様々いらっしゃいました。
私も、正直に云って『唐版 風の又三郎』は回数をやり足りないし、
もっと上質なものになるはずだと思っています。
第三波の到来がいよいよ確実になり、数ヶ月先のことが不透明な
昨今ですが、迅速に動いていきたい。

(3)劇団員の募集
これ! 絶対にやりたい。
今回の公演に接して唐ゼミ☆に興味を持ってくれた人が
今度は自分がつくる側になってくれたら貴重な戦力です。
今いるメンバーも覿面に活気づく。
募集の準備をしよう!

(4)ワークショップへの構想
当座、『唐版 滝の白糸』に取り組もうと思いますが、
公演を観て下さった方に、『唐版 風の又三郎』おさらいをやったら
喜んでもらえそうな気もしています。
『盲導犬』『海の牙』『蛇姫様』『夜叉綺想』なんかもいいですね。
憧れの『二都物語』や『ベンガルの虎』も熱い!
レギュラーとして定着して下さっている皆さんに、
リクエストをとってみたいとも考えています。

(5)新たな台本の研究
唐さんの台本は数えてみたところ約100本あり、
私が今すぐにでも稽古ができるレパートリーは20本ほどです。
まだ、80本もある!
例えば、過去に上演した『面』などは、
上演当時の私の青さから、核心を捉えたとはとても云えないレベルです。
かつて上演した作品も勉強してみなければなりません。
『黒いチューリップ』なんかもそう。

・・・とまあ、こう云う具合に進めたいことが満載です。

それにしても、昔、駆け出しの頃は公演が終わると、
何だか気が抜けて、決まって風邪をひいていました。
それが現在は、次から次へとやるべきことがあることが、
緊張と健康を生んでいます。
我ながら妙な体力がついたものだと、喜んでいます。

11/25(水)ハンディラボでの後片付け

2020年11月26日 Posted in 中野note
IMG_9807.jpg

今日は、昨晩に引き続きハンディラボでの後片付けをしました。

朝からやっと雨が降って、気温も落ちて、
もうすぐ冬を迎えるのだという天候になりましたが、
もちろん、一同に不満はありません。

ただし、今回は、
ここからあと11日間は風邪をひかない状態で過ごさなくては
ならないので、いつもより緊張を残した状態で、
私たちはコツコツと、ハンディラボの工房スペースに積み上がった
道具を整理し、収納して行きました。

IMG_9810.JPG

中には方々からお借りしていたものもあって、
新たに2トントラックをレンタルしたり、
小ぶりなものであれば私の車で、各地に返却して回りました。

気田さん、佐々木(覚)さん、宮本君、小山君も
駆けつけてくれて、大いに助けられ、
皆は作業をしながら。しみじみと話もしていました。

再演をしたいので、作り上げてしまった膨大なセットを
どう仕舞い込むのか難儀しましたが、齋藤の手腕で押し込みました。

IMG_9816.JPG

夕方18時は一通り区切りがつき、
産廃業者さんにゴミを引き取りに来てもらう作業を残して、解散。

私自身は、お世話になった寝袋を持って帰って来ました。
mont-bellの店員さんが言っていたように、洗濯機で洗って、
次回につなげようと思います。

今日はさすがに、公演を振り返る体力を残していません。
それは、明日以降で。

IMG_9815.jpg

ご支援、ご協力、ご観劇、
共演やスタッフワークを通じて公演に関わって下さった皆さん、
ほんとうにありがとうございました。
一年前から躍起になって『唐版 風の又三郎』上演のために奔走してきた
劇団メンバーも、おつかれさまでした。

ここ数年、唐ゼミ☆は主に私を取り巻く様々な状況の変化により
停滞を余儀なくされてきましたが、皆さんのおかげで再生できたと
実感しています。コロナはキツかったけれど、あと10日間とちょっとで、
それも乗り越えられそうです。

IMG_9811.JPG

そのためにも、今日はもう寝ましょう!