6/23(水)虫の脅威②

2021年6月23日 Posted in 中野note
DSC05109.JPG
2005.3に近畿大学で上演した『少女都市からの呼び声』

昨日は、私の家に幼虫としてやって来て、
巣立っていったカブトムシの話をしました。

虫と唐さんといえば、「鳥の目、虫の目」という言葉が有名ですね。
「蜷川くんは鳥の目、僕は虫の目」というのが唐さんの自認するところ。
つまり、蜷川さんの作品づくりは俯瞰で見た世界という感じがするけれど、
自分は触覚や嗅覚を大事にしている、ということです。
体当たりの感覚や実感、そういうものは、
役者でもある唐さんの必殺技だと思う。

いつだったか、テレビの取材に、
「自分は尺取り虫みたいなもの」と答えられていたこともありました。
地べたを這いずりまわる感覚に、テントを担いで興業している自分は
支えられているとおっしゃりたかったのすが、例によってインタビュアーは
キョトンとしていました。

自分にとって、唐さんと虫にまつわる事柄で印象深いのは、
今年の初めに唐組が上演した『少女都市からの呼び声』です。
あの作品のすごく重要なところに、虫が出てくる。

シーンとしては、
この世に生まれてくることができなかったヒロインの雪子が、
現世からやって来た兄・田口と入れ替わって現実の世界に行くために、
田口の指を欲しがるシーンです。
妹のために兄は流血も辞さず、生きている指を授けようとします。

二人がそう決意すると、ここからはまるで
ヤクザ映画における指ヅメのシーンが展開します。しかも、三本!
そして、この場面。痛みと緊張が極に達した時に、虫は登場する。

指を切断する行為の最中に、雪子は周りを這い回る虫が気になってしまい、
これを退治しようとする。兄の田口はたまりかね、自分の指を半端に切っておいて
虫を追いかけるのはやめて!と訴えます。
コミカルなシーン。

しかし、唐ゼミ☆でこの演目を上演した20代前半の私は、
この場面をうまくつくることができませんでした。

人生経験が足りなかったのだと思います。
例えば、お葬式の最中にも、吹き出してしまうことはあるし、
爆笑を誘う芸人さんの中に悲哀が溢れることもある。

そういうこと。人生の悲喜劇が隣合わせにあることを、
当時の自分は実感していなかったのです。

この場面をうまくやれば、
笑って、泣いてという喜怒哀楽が入り乱れて、
双方が双方を引き立てる素晴らしいシーンになります。
今では、そういう感覚と技量を持っているつもりですが、
当時の自分はいかにも鈍感で、悲劇なら悲劇、喜劇なら喜劇、
そういう感じでした。

青かったなあという苦味とともに、唐さんと虫のことを思い出します。

6/22(火)虫の脅威①

2021年6月22日 Posted in 中野note
IMG_1690.JPG

1匹のカブトムシが、脅威となっています。

ことの起こりは2ヶ月ほど前。
息子を連れて近所のホームセンターに行ったところ、
カブトムシの幼虫をプレゼントされてしまったのです。

店員さんは開店時間にやってきた私たちに「先着10名様までですよ!」
と言う。当然、息子はその気になる。しかし、幼虫をもらうことは、
飼育用のケースと土を買うということに直結する。
これらはもちろん有料だし、さすがの商売上手。

それで、コツコツと飼い始めたのですが、
先日、見事に成虫になった。角があるので、
オスだということも初めてわかりました。

ところが、これが曲者だった。
カブトムシというものの腕力を、私たち家族はナメていました。
彼は自慢のツノで虫カゴの蓋を押し上げ、脱出をはかったのです。

自分以外の全員が寝静まった家の中に、
ブンブンという音、ゴンゴンと壁にぶつかる打撃音が響くのに、
初めは何の事か分からずにビビりました。
マジで、心霊現象かと思った。

その時は、さんざん暴れた末に靴の中に隠れていた彼を発見し、
こわごわ捕獲して、夜中のうちに元いた場所に戻しました。
しかし、朝になってみると、彼は再び天井を突き破って姿を消しました。

脱出口があったとすれば、新聞受けに新聞が突っ込まれている傍の、
わずか数センチの隙間のみ。彼がまだ家の中にいるのかどうか。
ひょっとしたらすでに死んでしまって、
どこかの隙間に転がっているのではないか。
そんなことを考えながら、最後に姿を見てから30時間が経とうとしています。

ところで、虫と唐さんといえば〜、という話題にいこうと思いましたが、
すでに長すぎているので、それは後日に改めて。

6/21(月)とくめぐみの俳優ワークショップ レポート(ちろ)

2021年6月21日 Posted in とくめぐみの俳優ワークショップ
こんにちは。ちろです。
この週末、私は唐ゼミの本読み、新宿梁山泊の『ベンガルの虎』観劇、
そして昨日は、とくめぐみの俳優ワークショップ。
盛りだくさんの週末を過ごしました。

さて、ワークショップのレポートです。
今回の参加者は5名。男性3名、女性2名。いいバランスですね。
お一人の方は、前回は聴講でのご参加でしたが、
今回からは通常参加で皆さんと一緒にチャレンジしてくださいました!
聴講から参加へ!
楽しそうだなと感じて下さったのかと思うと、私共もとても嬉しいです。

tokuws6.21.jpg

身体と顔のストレッチをしっかり行って、呼吸の道筋を確認して、
後半戦です。
今回は休憩が少し短めになりましたが、皆さん集中力も切れず、素晴らしい!!

後半戦、「セリフを読んでみよう」。
前回で、セリフの階段をのぼってみようというテーマを一旦卒業しました。
『唐版 風の又三郎』、織部の長科白を使っての練習、難しかったですね。

今回のテーマは、会話のキャッチボールをしよう、です。
同じく『唐版 風の又三郎』より、三腐人の乱腐と大学生、老婆の
ワンシーンを使っての会話の練習です。

と、その前に。
もう少し簡単な練習として
A「いいですか?」
B「だめです」
この二つの言葉を使ってやってみました。
相手の言葉を受けて、返す。
ポイントは、相手の声の高さ、スピード、これを捉える。
皆様、いい感じでキャッチボールされていたようにお見受けしました。

いざ、三腐人、大学生、老婆の会話へ。
二言の会話に比べて、ぐっと難しくなりましたね。
このテーマは今後も続けていきます。

会話のキャッチボールを含め、今回のワークショップについて
皆さんから次のような感想をいただきました。

・相手を受けるというのは難しいなと感じた
・相手のセリフの語尾の音の高さを捉えるというのが
どういうことなのかが少し見えてきた
・セリフを言う際に、母音を効かせるのが難しい
・文字で会話を見ているのと、実際に声を出して会話するのとでは
全然違って難しい。
・「私(禿)は、次に相手のセリフは何がくるのか知っているが、
役(自分が演じている役)の人物は、相手の返答(セリフ)を知らないのです」と
禿さんが仰ったのが印象に残っている

毎回、色々なテーマで取り組み、
役者が実際にどんなふうに科白と向き合っているのかを
体験していただけます。、
また、禿さんの色々なエピソードも聞けます!

では、また来週!



6/20 (日)最後までしゃべる(林)

2021年6月19日
最近知り合いから頼まれ、小学4年生の女の子にピアノを教える機会がありました。
日程を合わせて少しずつやっています。

楽譜が読めないのでそこから教えてほしいとのことで、
昔の楽譜をひっぱりだしてみる。
自分ではもう意味がわかるので何も考えず見ていた記号の名前が思い出せなかったり。
音符の長さをどうやって説明したらいいのかだったり、つまづく。

教えている最中もつまづくこと度々。
どうしても最初なので説明する時間が長くなると、
すぐそこにいる4年生の女の子が飽きてないだろうか、わかってるだろうか
と不安になります。

しかもそう思いながら喋っていると
自分の話し方、声のトーンがすごく気になる。
上っ面っぽい喋り方しちゃったな、とか、今のじゃ意味わからないよな。。と
言ったそばから自分の頭の中で反省。

とくにそれで気づいたのですが、
文章の終わりまでしっかり喋るのが難しい!

「〜みたいな。」「っていう感じで。」
という濁し方をしがち。
逃げ場つくりがち。

これはワークショップレポートを書いていても感じました。
「〜といった風に」
と書いて、どういう風にだよ!と自分につっこんで文章を消す。
という作業が多発。

......なんだか反省文みたいなゼミログになってきましたが。

せりふの最後までエネルギーを持続させることや、
その場で伝わるようにせりふを自分のものにして話す。
そういうことと似ているのではないかと感じています。

ここ最近のお客さんは4年生の女の子。
彼女に伝わるように意思を持って最後までしゃべりたいと思います。

S__66379781.jpg

S__66379779.jpg
(必要最低限しか書かれていない楽譜、バーナム。)

6/19(土)ついに「丘」に行く!

2021年6月19日 Posted in 中野note
IMG_1636.jpg
先日、午前中に日本橋に行く用事がありました。
そして、11:30頃にひと段落ついた。

次の予定は横浜で15:00。さて、お昼をどこで食べよう。
馴染みのない日本橋ですが、せっかくだから、すし、そば、天ぷらなど、
江戸前のものが頭をよぎりました。が、自分にはこんな機会に
行かなければならない場所があったことを思い出したのです。

そう。「丘」です。
一年ほど前に御徒町を訪れた時、
私は喫茶店「丘」がいまだに健在であるのを発見しました。

2020082000005_5.jpg
↑桃の右に「丘」の文字あり。

初期状況劇場のポスターに広告を連ねる喫茶店こそ、まさに「丘」。
横尾忠則さんデザインの隅を飾りながら、縦に伸びたロゴタイプが印象的。
上野に実家がある唐さんは、きっとこの喫茶店の常連だったのでしょう。
そこで、芝居の構想を練り、将来を語り合ったに違いない。

それが半世紀以上の時間を経て、いまだに健在だなんて。
私は狂喜しました。そして、その時はすでに閉店後だったこの店に、
必ずや入ってみなければと思い続けてきました。

目標を達成するチャンスが、私に訪れたのです。
御徒町に急行して近くの路上パーキングに車を停め、店に向かいました。
「丘」とは、1階にある入り口を降り、地下2フロアに連なる店であることも
初めて知りました。

ひょっとして『少女仮面』の舞台「喫茶肉体」のモデルはここかもしれない。
「丘」→「恥丘」→「女性」→「少女」→『少女仮面』などと、
唐十郎門下であればごく自然に湧き上がる連想とともに、階段を降りました。

地下1階にゆくと想像よりもずっと店内は広く、ゆったり
これまで人気を保ち続けてきた理由が実感できました。
この雰囲気、この値段、喫煙が可能なことも、人気の原因に違いありません。
年輩のお客さんもいましたが、何人もの若者たちの姿も見えました。
「丘」は、まさに今を生きている喫茶店なのです。

自分は、大盛りのナポリタンとコーヒーを頂きました。
「明治大学時代は、よくキッチャ店でナポリタンとコーヒーのランチをした」
と唐さんに聞いたことがあるためです。

お客さんの少ないその時間は地下1階のみでの営業でしたが、
トイレが地下2階にあったので、立派なシャンデリアも覗き見ることができた。
トイレの洗面台には、他店からお祝いに贈られた鏡があり、
『蛇姫様 わが心の奈蛇』2幕で重要な役割を果たす小道具の鏡を思い出しました。
などなど。

・・・これでまた一つ、唐さんに迫ることができました。
2010年に上演された唐組『ふたりの女/姉とおとうと』二本立て公演チラシには、
若き日の唐さんの姿があります。確か、この写真は「丘」で撮影されたもの。
e0208346_17101361.jpg


そんなわけで、自分もこんな感じです。
IMG_1638.jpg

6/18(金)耳を切る

2021年6月18日
IMG_1628.JPG
↑先日は会議で鎌倉に行き、見事なアジサイに囲まれました。

ずっと同じ床屋さんに通っています。
横浜に暮らして22年経ちますが、私が利用している床屋は2軒目。
1軒目は、店舗自体が引っ越してしまったので、2軒目に移行しました。
というように、通い始めたら余程のことがない限り、
お店を変えないのが自分の習性です。

そこで、先日にちょっと変わったことがありました。
弘法も筆の誤り。猿も木から落ちる。
腕利きの床屋さんの手元が狂って、
私の耳の先にカミソリがチョンと当たってしまったのです。

痛みからして少しの傷ですが、流血したらしいです。
らしい、と書いたのは、私はメガネをはずすとド近眼なので、
自分自身は血を見ずにすみました。
情けないもので、指先をカッターで切るなど、
ちょっとでも血を見ると気が遠くなってしまう自分は、
この時ばかりは目の悪さに助けられました。

メンタムをたっぷり塗ってもらってすぐに止血したらしいのですが、
当然ながら床屋さんは平身低頭で、こちらが気の毒になるくらいでした。

しかし、自分はなかなかに得難い経験をさせてもらいました。
とにかく耳からは、よく血が出ることがわかったのです。
ほら、よく健康のために、耳を引っ張ったりツボを押したりしますね。
要するに、それだけ耳には血管が集まっているということが、
今回身を以って体感できました。

翻って、現在、再演を目指している『唐版 風の又三郎』には、
主人公の青年・織部(オリベ)が耳を切られる場面がある。
今回の実体験を踏まえると、去年の血のりの量はいかにも甘かった。
耳を切られる場面のクローズアップが物足りなかった。
ということがよくわかりました。

何事も経験です。ゴッホもカイジも耳を丸ごと切断した人々ですが、
彼らがどれだけの流血を伴ったのか、完全に想像できました。

あれから1週間、すでにカサブタも取れそうです。
劇の飛躍に向けて、とても大きなヒントを得ることができました。

6/17(木)ワークショップレポート(林)/中野演出による舞台オーディション情報

2021年6月17日 Posted in 唐十郎戯曲を読む『海の牙〜黒髪海峡篇』
さて、『海の牙〜黒髪海峡篇』2幕へ突入!

先週のおさらい。
病院で目が覚めた呉一郎。
シャラの手を追いかけていたところ、シャラが一団の学生に嬲られているのを目撃します。
そのことを按摩が"戯れていた"という風に表現し、
それを聞いた呉一郎は、またベッドに倒れてしまうところまででした。

さて今週はその続きから。

按摩の弟子が、カツラ屋の番頭を連れて来ます。
ここで、按摩の名前が"刑事"に変わっている。
刑事は、風呂敷包みを取り出す。
その中身は、カツラ屋の女将である"オカツ"の首。
(しかし、そのオカツの頭、髪の毛がない!)
刑事は、この殺人事件を調査しているのであった。

番頭は、オカツの髪を探して欲しいと刑事に訴える。
しかし、そもそも死体の紛失届けが出ていない。
そのことを責められた番頭は、オカツの首を持って逃げ出してしまう。
刑事たちは、番頭の後を追う。

DSC_0434.JPG


静かになった病室。
そこへシャラシャラコが花束を持って、名和四郎とともに現れる。
と、同じ病室の布団から、北原北明が起き上がる。

誤って矢を射ってしまった名和四郎は、そのことを謝りに来たのだ。
しかし、許す様子のない北明。
シャラは二人の間に入り、赤くただれた北明の背中をなでようとする。
その時、チョゴリの女たちがシャラの後(うしろ)より現れ、
急にシャラは北明の背中に爪を立てる。
またもや自分ではない力が働いたシャラ。
(ここの場面でも唐ゼミが上演した際には、チョゴリの女たちがシャラの手に
自分たちの手を添えて、北明の背中をひっかかせるような形にしたそうです。)

腹を立てた北明は、シャラに約束していた仕事を無しにしてしまう。
しかし、なんとかすると決意し、泣いている名和四郎をなだめる。
その姿はまるで母!

目覚めた呉一郎は、シャラを見つける。
国士舘の制服に身を包んだ名和四郎を見つけた呉一郎は
電車で起きたできごとを思い出し、シャラに真相を問う。

なぶられていたのか、戯れていたのか。

呉     満員電車の中で、あの時、あんたは手をあげたね。
シャラ    ええ。
呉     あいつにつかまれ、ぐいぐいと押しつけられながら、あんたは手をあげたね!
シャラ    ええ。
呉     嬲(なぶ)られ、なぐさみものにされながら、千と一本の手のこちらに手をあげたね。
シャラ    いいえ。
呉     いいえだって?!


...シャラの答えは"いいえ"!
こう答えたシャラ。呉一郎とシャラの関係は一体どうなってしまうのか!

というところで今週のワークショップはここまで。
あと残すところ2回!
どうぞ、よろしくお願いします!



最後に、今日はインフォメーションです。

<< 出演者オーディションのお知らせ!! >>

代表の中野さんは、8月上旬に公演する劇団外の舞台を演出します。
こちら、明日が〆切の出演者オーディションがあるので、
興味がある方は申し込んでください。

詳細はこちらから→
https://twitter.com/butai_koto/status/1401705787961987072?s=1


ボルト.jpg

6/16(水)ロンドンに行きます

2021年6月16日 Posted in 中野note
IMG_1626.jpg

先日、自分のFacebookに書いたのですが、
今度ロンドンに行くことになりました。
期間は約1年間。文化庁の海外研修制度に受かったためです。

3月に内定が出て、5月には決定通知をもらっていたのですが、
いつになったら人に言って良いのかずっと分からずに来ました。
ところが先日、文化庁のホームページに採択者の名簿が載っていたので、
あ、これで言って良いんだ!と思いました。

そのようなわけで、4月中旬から英語を勉強しています。
内容は中学英語。中学生から勉強しなおしていると、
かつての自分がどこで心折れたのかよく分かりました。

何しろ、2ヶ月前はthirstyという単語を知らなかったですからね。
よく大学に入れたものだと思います。
よほど唐さんに縁があったのだ!
そう思うことにしました。

向こうに行ったら、作品づくりも、プロデュースも、
それから劇場運営も、演劇や劇場に関わる全てを学びたいと
燃えています。

他にも、もちろんシェイクスピアとか、
彼と同時代のエリザベス朝の芝居書きたち。
シリル・ターナーとか、クリストファー・マーロウとか
大いに調べたい。さらに、自分はクラシックの古楽も好きなので、
ヘンリー・パーセルや、その師匠であるマシュー・ロックの
楽曲の生演奏が聴けるのではないかと期待しています。

唐さんとロンドンといえば、
ちょうど自分が大学に入ったばかりの頃、
『恋におちたシェイクスピア』という映画があって、
唐さんはあの内容に励まされたとおっしゃっていました。

映画の冒頭に、ロンドン市民が糞尿を窓から道に投げ捨てる場面があります。
当時の大都市でありながら、想像を絶する衛生環境。
当然ながら流行するペストは猛威をふるい、劇場は興業の停止を余儀なくされる。

すると、一座を率いるシェイクスピアは、旅公演をしたりして凌ぐわけです。
話題を呼ぶべく新作を書き、オーディションもする。
そういう芝居人としての生々しさが、唐さんを励ましたのだと思います。

翌2000年の秋に上演した『鯨リチャード』のトップシーンで、
唐さんは『恋のおちた〜』のサウンドトラックから一曲を使いました。
ロミオがジュリエットを忍んでやってくる場面でかかっていた曲を、
主人公・田口が鯨カツ屋の主人を訪ねる際にかけてみせた。

二つのシーンを比べてみると、実に唐さんらしいユーモアだと思います。

6/15(火)ポーの小説を読む

2021年6月15日 Posted in 中野note
download.jpg
↑映画『海ほおずき』のビジュアル。この作品を観れば、
90年代唐作品の重要登場人物「灰田」誕生の経緯を知ることができます。

久々に小説を読みました。
ほんの短いものですが、読むことができました。
エドガー・アラン・ポーの『赤い死の舞踏会』という作品です。

一昨日、NPO法人ドリームエナジープロジェクトの特別リハーサルが
終わりました。最後の追い込み稽古を延期騒動で失ったことは
作品創作的に痛かったのですが、それでも、本番直前の稽古に
演者・スタッフのみんなが応えてくれました。
客席にわずかにお迎えすることができた関係者のリアクションに
助けれて、まさに本番通り、約2時間弱をやりきりました。

そのために日曜の晩はけっこうくたびれていたのですが、
昨日、月曜日の朝には『唐版 風の又三郎』の本読みをzoomでやり、
徐々に持ち直しました。新しく座組みに加わるメンバーを中心に
劇の世界を追いかけていると、エンジンがかかります。

近く、『シーボルト父子伝』という公演の稽古も始まるし、
太田省吾さん作の二人芝居『棲家』公演のための準備も本格化します。

こうなると、資料ばかり読むことになるのでちょっと苦しい。
何だか心に余裕が無い。そこで本屋に寄ったところ、
吉田健一訳の文庫新刊、未読のポーのアンソロジーを発見して、
これなら短時間で気になるものだけ読めると思いました。

表題の『赤い死の舞踏会』という作品はペストを扱っていますから、
コロナ禍で流行っている、感染症を扱った作品のリバイバルです。

個人的には、カミュの『ペスト』より、
『オイディプス王』と『デカメロン』がパンデミック文学の双璧です。

それで、表題作をものを中心にいくつか読み終えました。
自分はやはり物語やお話が好きで、爽快な気分になります。
一方、久しぶりにポーを読んで、いつだったか、
唐さんと短編『うずまき』について話したことも思い出しました。

唐さんは「うずまき」という訳題以上に
「メイルストロム」という言葉が好きなのですが
あの物語は、船がうずまきに巻き込まれて難破する際、
樽の中に身を潜めて九死に一生を得た男を描いています。
男は命を取り留めたものの、樽の中で過ごした数時間の恐怖に
髪の毛が真っ白になってしまう。

唐さんの主人公には「田口」という姓の青年が頻出しますが、
90年代になると、これが「灰田」というキャラクターに変化します。
「灰田は、薬物でが真っ白になってしまった田口なんだ」
そう唐さんは力説していました。さらに、ポー「うずまき」にも
影響を受けたと。

自分が初めて観た唐さんの芝居は『眠り草』という演目でした。
今から思えば、すでに唐さんの中でも「灰田」ブームは終焉して
主人公はもとの「田口」に戻っていましたが、どこかに名残りも
あったように記憶しています。

6/14日(月)とくめぐみの俳優ワークショップ(菊池)

2021年6月14日 Posted in とくめぐみの俳優ワークショップ
 こんにちは!劇団員の菊池です。
昨日も毎週日曜恒例の「とくめぐみの俳優ワークショップ」が
開催されました。今回は私がレポートを担当させていただきます。

今週は参加者が少人数でしたが、それによって何時も以上に有意義な
時間を過ごす事が出来ました。
また、初参加の聴講の方もいらっしゃり、このワークショップの
広がりも感じました!

まずはいつものようにストレッチから行い、体と緊張をほぐしていきます。
顔まわりや口(舌など)も動かし、徐々にほぐしていきます。

その後は自分の呼吸の確認をします。
息がどこを通って吐き出され、どこを通って体に入っていくか
イメージしながらおこないます。
また、今日は低音を出す時に意識するポイント、
全身を使って呼吸をする事の効果等々......
呼吸を学ぶ中で場面で沢山のことを教えて頂きました。
どんな呼吸法を使って唐さんの科白を喋っているんだろう...
そんな事が気になった方、ぜひ来週以降のご参加を!!

これはちょっと余談ですが、
笑顔が素敵な人の喋り方とか声感とか素敵だなと思い、
もしかしたらなにか関係があるのかもしれない!と、
気になって調べてみると......口角が上がるだけでなんと、
好感度が高い声の高さである"3000ヘルツ"になるそうです!
なるほど。納得がいきました!!

さて、本題に戻りましょう。

最後にテキストを使っての実践です。
今回は、『唐版 風の又三郎』ととくさんが
用意して下さった簡単な科白を喋る訓練の為の
テキストを使用して行いました。
今回重点的に学習したのは
"会話・文脈によって言葉の立てる場所を考える"
という事でした。
強調したい言葉を膨らませてみたり、
言葉のを発する時に音を高くしてみたり......

これはあくまで一例に過ぎませんが、そんなことを
大事にしながら学んでいきました。


今回はこれで終わりです!
常連の方は成長が著しく見えてきていて、その素敵な
科白の喋りっぷりに感動する場面も多々ありました。
継続は力なりですね!
もちろん、初めて参加して下さる方にも分かりやすく
丁寧にとくさんが教えてくださいますので、
身構えず気軽に参加して頂きたいです!

次回は6月20日(日)16時~18時です!
ご参加お待ちしております!


「とくめぐみの俳優ワークショップ」詳細はコチラ!

FD730BD9-B497-4EDF-A5E7-B08965A7E46C.jpeg