3/21(月)『下谷万年町物語』本読みWS第7回レポート(中野)

2022年3月21日 Posted in ワークショップ Posted in 唐十郎戯曲を読む『下谷万年町物語』

101106-213.jpg

↑劇中劇『娼夫の森』開演まで32秒。文ちゃんは瓢箪池まで走り、

帽子を奪われないための儀式を実践する。(写真:伏見行介


いよいよ面白くなってきました。

唐十郎作品には多くの三幕ものがあります。

それらは主に、唐さんが自らの作劇方を確立した1970から90年に

かけて書かれました。共通するのは、いずれも二幕終盤が面白いことです。


一幕は状況説明や人物紹介に大部が割かれる。

三幕は物語に終止符を打つため、伏線の回収にエネルギーが使われます。

その点、真ん中の2幕は奔放です。

物語を拡げるだけ拡げて、終盤の大きな破局になだれ込む。

その勢い、畳み掛け、カタストロフに向けた破竹のスピード。

序破急という言葉がありますが、「破」は観る人を強引に巻き込みます。


今日やったパートは、

サフラン座による軽喜座への合同の申し入れが成功するところから。

洋一が持っていた警視総監の帽子、軽喜座の座長がたまたま国際劇場に

出ていたキティ瓢田を印象深く記憶していたことから、

両者の協力関係がとんとん拍子に成立。

さっそく、劇中劇『娼夫の森』の上演へと物語が進みます。


開演ブザーが鳴る直前、

劇中劇の段取り上、大切な帽子が一旦は軽喜座のメンバーの手に渡るのを

猜疑心の塊となってキティが心配するくだりは、唐さん自身の用心深さが

劇に現れた好例です。


瓢箪池の水につけて帽子が盗まれないようおまじないをかけるべく、

文ちゃんは駆け出します。すると、開演ベルが鳴る。


劇中劇は猪股公章作曲『蛍の列車』で幕を開けます。

これは、CD「状況劇場劇中歌集』に収められていますのでぜひ聴いてください。

蜷川さんの『近松心中物語』に曲を書いていた猪股さんと唐さんの出会いは、

後の状況劇場に更なる名劇中歌を生み出します。


調子良くキティ主演の『娼婦の森』がスタート。

が、この芝居は闖入者によって中断されてしまいます。

本物のお春が乗り込んできたのです。


腕っぷしの強いお春の登場にキティはたじろぎますが、

こと洋一のこととなるとかよわき乙女に変貌するお春をキティは

ここぞとばかりになじります。この二人のやりとりがすごく喜劇的。

相手の弱点を攻め抜くキティのせりふ、それを受けるお春のリアクション、

存分に楽しませてくれます。


と、そこへ帽子を持った文ちゃんが帰ってくる。

聞けば、文ちゃんは白井に会ったといいます。

そして、なぜにキティを「姉さん」と呼んで追いかけていたのか、

ことの真相が語られます。曰く、白井は国際劇場にいた洋一、

キティの同志であり恋人だった"もう一人の洋一"の弟で、

空襲で脚を失くし、一年前に亡くなった兄の代わりに、

ずっとキティを探していたのです。


探し続けてきた恋人・洋一が最近に死んだことを知り、錯乱するキティ。

さらに文ちゃんは、白井に託された二人の思い出の品をさし出します。

それは、キティと洋一が愛用していた注射器。

自らもヒロポン中毒であるお春は、すかさずキティの腕の注射跡を暴き・・・


と、ここまでで昨日はおしまい。

キティの凄惨な過去が明らかになる二幕クライマックスはまた来週!

3/14(月)ワークショップレポート

2022年3月14日 Posted in ワークショップ Posted in 唐十郎戯曲を読む『下谷万年町物語』
こんにちは。今日は非常に暖かい日でしたね。
本日はワークショップレポートです。

今週は引き続き『下谷万年町物語』です。
ヒロインお瓢と、万年町に住む洋一と文ちゃんは謎の男白井から逃げるため、
畳に姿を消します。
そして畳の陥没した穴から、サフランの花が咲きます。
これがサフラン座の狼煙が上がる瞬間!

そして二幕二場へ。
舞台は浅草軽喜座の舞台稽古の万年町。
洋一は、サフラン座と軽喜座の合同を申し込みます。
急に違う座組にいると言われ驚く軽喜座の座長。
誰と組んでいると言われ、キティ瓢田を見た瞬間...
まさかの座長は彼女が国際劇場に出ていた事を知っていました!
そしてキティ瓢田の過去が語られます。
過去にブロマイド屋が火事になった時、数々のスターのブロマイドが焼ける中
鏡に映った自分だけが燃えずに対話をしたことがあると。
しかし、お瓢のかぶっていた帽子は本物の警察の帽子で、
座長は怖がります。
しかし洋一はお上が恐ければ違う権力をと亀を差し出します。
その後どうなってしまうのでしょうか。また来週もよろしくお願いします!

3/6(日)『下谷万年町物語』本読みWS 第5回(中野)

2022年3月 6日 Posted in ワークショップ Posted in 唐十郎戯曲を読む『下谷万年町物語』

101106-168.jpg

↑劇団唐ゼミ☆『下谷万年町物語』(2010.11)より 撮影:伏見行介


『下谷万年町物語』第5回目のワークショップは2幕1場の後半を稽古。

ここは実にステキな場面で、主人公たち3人がお互いに励まし合い、

サフラン座として世の中に出ていこうとする場面です。


その先頭を走るのはお瓢。2幕序盤では落ち込んでいた彼女でしたが、

洋一・文ちゃんの励ましやオカマたちとの渡り合いの中ですっかり元気を

取り戻し、持ち前の押し出しの強さを発揮します。

そこに、洋一が隠し持っていたこの劇のキーアイテム

「警視総監の帽子」が加わり、さらに勢いづく。


洋一はこの帽子を武器に軽喜座と渡り合い、

この劇団が稽古中の『娼婦の森』を改定させることを思いつきます。

最近に起こった警視総監暴行事件をスキャンダラスに描くこの舞台に

本モノの帽子が加われば客が押し寄せるのは必定。


お瓢を主演女優、洋一を演出家(文ちゃんはまだ役割が決まらず)、

にした3人だけの新進劇団サフラン座がこうして軽喜座と渡り合おう、と。

しかし、言い出しっぺの洋一は生来の弱気を発揮してひよってしまう。


それをお瓢がいかに励まし、洋一が勇気を振り絞るのかというのが

今回のメインテーマでした。そして子どもながら文ちゃんも、

そこに自立した劇団員として並び立とうとしていきます。


白井の横やりをきっかけに押し寄せるオカマ軍団を間一髪でかわし、

高らかに劇団旗を掲げて万年町から飛び出してゆくサフラン座。

2幕2場。軽喜座への合同申し入れへと劇は進みます。


今回は、情けなさを吐露する洋一をお瓢が励ますプロセスを

しっかりと描き切るために、参加の皆さんに細かい要求を

しつこく出して応えてもらいました。完全に稽古です。

2/28(月)ワークショップレポート(佐々木)

2022年2月28日 Posted in ワークショップ Posted in 唐十郎戯曲を読む『下谷万年町物語』
 皆さんこんにちは。
今週のWSは2幕から。
万年町のオカマ達はヒロポンを打ち込んでぼんやりしている中、文ちゃんと洋一はヒロインのキティ瓢田を連れて長屋に帰ってきました。

なんか、すっぱい匂いがします
夜中に吐いたものかしら
それとも
錆びた体の匂いか
抱いてくれてもごまかせぬ
やさしくされても、笑ってやれぬ
枕にしみた
おまけの匂い

自らを終わった女と歌います。
3人で話をしていると、どうやらお瓢は国際劇場の女優さんで、閉鎖されてから、演出部の田口さんと共に『サフラン座』という劇団を作ろうとしていたらしい。しかし戦争に巻き込まれそれは叶わなかったと。
長屋を使ってお家芸を披露するお瓢。
そこへ白井という男がやって来ます。
彼はお瓢の事をお姉さんと呼びますが、彼は一体何者なのかわからないまま。
興奮して物干し竿を投げると、オカマのお市の障子を突き破ってしまいます。
喧嘩になるかと思いきや、お瓢は長屋でお家芸!

山の手は狸穴
下谷は万年町
一度おいで万年町
穴から谷を転がって
オカマの町は花ざかり
春らんまんの尻の穴

今週はすごく歌が多い回でしたね。
また来週も楽しみです!
よろしくお願い致します!

9D2A71D8-AE52-4473-BF2E-F18F2A4925F9.jpeg
(ちなみによく出てくるサフランの花とはこれ!)

2/23(水)ワークショップレポート(佐々木)

2022年2月24日 Posted in ワークショップ Posted in 唐十郎戯曲を読む『下谷万年町物語』
皆様こんにちは。本日はワークショップレポートです。
本日は『下谷万年町物語』三回目!
今回は蜷川さんのストーリーを交えつつのワークショップでした!

今回のスタートは主人公の一人、青年・洋一が所属する軽喜座が登場。
軽喜座は下谷万年町で起こった警視総監暴行事件のパロディの稽古中です。
(まるでドリフターズの様!)

6C9FCD62-9F65-4144-ACFF-327615327523.jpeg
(唐ゼミ上演時の軽喜座)


一方洋一は少年・文ちゃんと池にサフランの花びらを浮かべます。

『この池の底でブザーが鳴る時、なかった筈の劇場の幕開けで、
そこから、一人の、ならなかった筈の踊子がとびでてく。
その時、水面に浮く花の中で、一番、きれいな一輪を、
あら、きれいと、ひったくって髪にそえる』
本当かなあと疑う文ちゃん。
じっと二人は水面を覗いているとそこへ軽喜座乱入。
またまた稽古をしています。
座長のお春らしいやつがなんだか蜷川さんの様。
池に小道具を浮かべている事に怒りますが、
2人が万年町にいた事を知ると、万年町の事を聞き始めます。
万年町の話をしていると、本物のお春が登場!
お春と二人が喧嘩をしていると
いつしかサフランの花がひとつ池の下に沈みます。
池に手を入れる洋一。
池の中から女が現れます!
そして彼女は言います。
『所属は・・・・・・以下の底のサフラン座。姓は、キティ台風のキティ。名は・・・・・・瓢箪池の・・・・・・お・・・・・・お瓢です!』
続きは来週。またよろしくお願いします!

2/14(月)『下谷万年町物語』WS 第2回レポート(中野)

2022年2月14日 Posted in ワークショップ Posted in 唐十郎戯曲を読む『下谷万年町物語』
101106-076.jpg
↑わずか8歳の少年にも容赦なしの白井。自己嫌悪ゆえの八つ当たりか?
2010年 劇団唐ゼミ☆秋公演より 撮影:伏見行介

昨夜のワークショップのレポートです。

第1回目は、初演時の執筆経緯、唐さんと蜷川さんの来し方、
唐さんに影響を与えたエピソードについて時間を割きました。
皆さんの本読みは駆け足にならざるを得ず。

そこで、昨日の第2回では、もっと稽古らしくしようと注力しました。
登場人物同士の駆け引きに注目しながら、細かく止めて、
内容を詳しく伝え、皆さんがアドバイスをどう受け止め、
表現するかを愉しみました。

主人公の一人である青年・洋一が登場するところからスタート。

彼は今、とにかく上手くいっていない。
元来が演出家志望の彼は、浅草で力を持つ劇団軽喜座の
小道具係に甘んじています。不器用で、チリ紙を使ったサフラン製作の
手もおぼつかない。それに、洋一はいま万年町から逃亡している。

警視総監暴行事件の後、
お春とともに帽子を持って下谷警察に詫びを入れにいったはずが、
自分だけ帽子を持って取り残され、トカゲの尻尾切りにされかけた。
(後に誤解だったと知れる)
だから、反射的に彼は逃げ、帽子は今も手の内にある。

ヘボ小道具係としてうなだれ、瓢箪池に映る自分と対話していると
少年・文ちゃんに声をかけられた。彼らは、最初はぎこちないものの、
経緯を説明し合うと従来の友情を取り戻す。
元6本指があったもの同士の絆。

と、そこへ、チンピラ・白井が二人の部下を引き連れて現れる。
万年町オカマ軍団の頭目・お市にヒロポン(当時は合法)を流す
売人こそ、この白井。彼は、後に登場するヒロイン・キティ瓢田の
亡くなった恋人(彼の名前も""洋一)の弟でもある。

お市の味方として、洋一・文ちゃんを遠回しに脅かす白井の手口は
さすが恫喝の本職。初演時にこの役を演じたコメディアン・内藤陳さんの
読書家ぶり・博識がこの役に生きている。

それでいて、彼は本来的にはナイーブな男。
水面に映った自分と「こんな大人になるはずではなかった」と語らいつつ
またチンピラ得意の脅しを繰り広げ、注射器をかざして文ちゃんにも
容赦ない。情けない洋一は、言葉で反抗するのがやっと。

と、ここへ、水の中をアユのように通り過ぎる人影。
(膝までの深さしかないこの池にして、明らかにおかしな現象だが)
先ほど、洋一と文ちゃんの会話中に何かがドボンと飛び込んだ音も
これだったようだ。
"姉さん!"そう呼びかけながら去る白井とともに、今回は終了。

次回は、洋一の所属する軽喜座の面々が登場するところから再開します!

今回やった洋一の登場シーンには、唐さんの劇団青年芸術劇場時代の
不遇が大きく影響しているように思われます。

ロンドンにいる私に、思うぞんぶん日本語をしゃべらせてくれる
参加者の皆さん。中にはご自身の経験から、外国での暮らし向き
についてアドバイスをくれる方もいます。感謝!

2/7(月)『下谷万年物語』WS 第1回レポート(中野)

2022年2月 7日 Posted in ワークショップ Posted in 唐十郎戯曲を読む『下谷万年町物語』
220206zemirogu.jpg
↑唐ゼミ☆2010年秋公演『下谷万年町物語』冒頭。伏見行介さん撮影。

昨日から『下谷万年町物語』のワークショップを始めました。
手もとの台本では242ページあるこの物語を、4月末の日曜日まで
全12回かけて読みときます。

初回は、まず作品が書かれた経緯の説明から入りました。
1981年の初演は紅テントでなくPARCO劇場、蜷川幸雄さんの演出により
この台本は上演されました。

そこで、1969-1984年までの唐さんと蜷川さんの経歴、
二人の関わり合いを追いかけるところからスタート。

すでに状況劇場で紅テント興行に着手していた唐さんと、
劇団青俳を飛び出して現代人劇場をつくり演出家デビューした蜷川さん、
二人の共同作業は、1973年『盲導犬』により始まり、
1975年『唐版 滝の白糸』を経て、1981年に至ります。

『唐版 滝の白糸』に登場する「六本指」のモチーフ、
デビュー以来、蜷川さんの得意とする多くの人物を登場させる演出、
『近松心中物語(79)』で活用した舞台前面の大きな池が、
『下谷万年町物語』に活きています。
『近松〜』では舞台のそこかしこに彼岸花が咲いていましたが、
『下谷〜』だと、それがサフランに変わる。

また、1970年初頭から続く唐さんの傑作期が一つの頂点を極めた後、
70年代中盤から試行錯誤に入り、かつ大久保鷹さんや根津甚八さん、
小林薫さんといった主軸が退団する中で、唐さんは80年代初頭に
自分の出自を振り返る作品群を残しました。
『お化け煙突物語』『黄金バット 幻想教師あらわる』『秘密の花園』......
自身の生まれ育った上野〜浅草を舞台にした『下谷万年町物語』は、
一連の端緒となった作品だということも説明しました。

そして、本編へ。

物語は、現在は台東区をあとにした男が、万年町跡地とおぼしき場所を
訪ね、町を回想するシーンから始まります。
そこに、自らの少年時代の分身が現れ、昭和23年に還ろうと言い出す。
タイムスリップの方法が振るっていて、注射器で空気を抜けば、
流れてきた時間もまた空気とともに抜き出され、往時に戻るという。

少年の名は文(ふみ)ちゃん。
果たして、文ちゃんによる注射、空気の吸引によって、
舞台は昭和23年の浅草瓢箪池のほとりに変わり、男は少年に転じます。

つと見ると、池から飛び出た尻3つ。
その穴からはサフランの花が開き、それらは食いつめた3人のオカマ
の哀れな姿と知れます。戦後、万年町に跋扈していたオカマ軍団の
No.2である「お春」は、少年に念を押すかたちで、物語の発端を語ります。

①男娼はびこる戦後の上野の森を警視総監一行が視察に訪れた
②オカマの頭目・お市とお春は彼らに暴行し、総監の帽子を奪った
③帽子を奪われ、権威を失った警察は、オカマたちへの食料配給を止めた
④帽子を返却したくとも、お春のイロの青年・洋一が帽子も持って行方知れず
⑤洋一は、浅草にある劇団「軽喜座」の小道具係で、演出家志望。
⑥文ちゃんと洋一は友人であり、ともに生来の「六本指」を切除した経験を持つ

と、このようにやり取りがなされたところで、
少年・文ちゃんが気がつくと、そこにオカマたちの姿は消え、
浅草瓢箪池に咲くサフランの花が風に揺れるのみ。

以上、主要登場人物や物語の前段が話されたところで、今回を終了。
次回は、洋一が登場して文ちゃんと会話するところから始めます。
2/13(日)18:00-20:00。では、また!