2/11(木)ワークショップレポート(佐々木)

2021年2月12日 Posted in ワークショップ Posted in 唐十郎戯曲を読む『盲導犬』

皆さんこんにちは。

今日211日は、唐さんの81歳のお誕生日です。

そして中野さんと椎野さんの娘さんのお誕生日です。

おめでとうございます!

それでは10日のワークショップのレポートをしていきます!


今回は、ヒロインの奥尻銀杏(おくしり-いちょう)が登場するシーンからでした。

自分の盲導犬ファキイルを探す、影破里夫(えい-はりお)の歌の途中、

銀杏がコインロッカーの330番の前に立ち、鍵穴につめられた爪をマッチの火で燃やします。

破里夫はその焦げた匂いを嗅ぎつけ、銀杏に話しかけます。


破里夫 もし。

女   がまんしてね。

破里夫 もし。

女   こらえてね。

破里夫 ええ。あの____

女   しばしよ。しばしの間なの。

破里夫 こりゃ、何の匂いですか?

女   爪です。


という部分があります。


突然ですが、皆様は女が破里夫に話しかけたのは、

どの台詞からかわかりますか?


答えは、会話の最初、ではなく「爪です。」という台詞からです。

(私も誤読していました。悔しい!)

では、女は何に向かって前半の台詞を言っているか、

それはロッカーの中に閉じ込められたあるものに対して話かけています。

中に何が入っているのか、本当は次週の範囲ですが少しネタバレをします。

ロッカーの中には、銀杏の思い人からのラブレターが入っています。

彼女はそのロッカーを開けようと爪を鍵穴に差し込み、爪が折れてしまい、

またその爪を燃やしてを繰り返しながら、ロッカーを開けようとしているのです。

会話の前半は、そのラブレターに対して優しく声をかけているのですね。


あたしから離れたものは皆死骸です。

残ったのは、今生きているあたしだけでけっこう。

あたし、残骸。


という台詞がありますが、

この『今生きているあたし』というのも、

ロッカーの中にあるラブレターの事を指します。

つまり、"このラブレターをやり取りしていた時だけ、私は生きていた"

という事です。(私はまだその気持ちはわからない...)

なぜそんなに大事なものが、ロッカーの中に閉じ込められているのか、

一体、誰が閉じ込めたのか。

次回以降の範囲なので、気になる方は是非ワークショップに参加してみて下さい!



来週も破里夫と銀杏の会話が続いていきます。

その中で明らかになってくる銀杏の過去。

来週もよろしくお願い致します!


999A5172-A108-4EAA-83CB-3D650C04BEC0.jpeg

(唐さんのお誕生日なので赤テントの写真を載せてみました。)


トラックバックURL:

コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)