3/4(木)ワークショップレポート(佐々木)

2021年3月 4日 Posted in ワークショップ Posted in 唐十郎戯曲を読む『盲導犬』
 こんばんは。佐々木あかりです。
今週もワークショップレポートをお送りします。
今回はヒロインの銀杏と、昔の恋人タダハルの会話からスタートしました。


タダハルは、盲導犬学校の生徒。
練習用のブリキの犬を連れていますが、この犬にタダハルは依存しています。
犬から離れる時は、きちんとその犬に話しかけてから。
銀杏が犬にいたずらすると、異常なまでの反応をします。
(ちなみに一人で歩いてくる際、ト書きで「独立して歩いてくる」と書かれているほど)
ブリキの犬に頼っていて、完全に犬に〈依存〉しています。

タダハルの様まではいかずとも、どこかものに依存してしまう経験は誰しもあるのではないでしょうか。
実際に、中野さんはどこかに出かける時は、何かしら台本がないと落ち着かないらしく、
20年近く常に持ち歩いているらしいです。
(私もどんなに小さいカバンでもお守りを持っている事が多いなぁ)


そんな不甲斐ないタダハルですが、振られたと思っていた銀杏の思いを知ったタダハルは、
急に男らしくなり(猛犬になる)、いわゆる"濡れ場"になります。

そんな中、フーテン少年と盲人の破里夫が二人それを覗いています。
10代半ばのフーテン少年はもちろん、おじさんの破里夫まで雰囲気に呑まれ始めます。
終いには『鍵穴から歌が聞こえてきたようだ。』とフーテンのお尻を褒め、
もう一つの"濡れ場"のシーンが裏で展開されていきます。

そして突然の銃声。

銀杏の思い出の手紙をロッカーに閉じ込めたまま、
バンコクで娼婦トハに銃で打たれ、死亡した、あの夫が復活してきます。
(ちなみにキャストは盲導犬学校の先生と夫の二役)
これに対して、銀杏は『ほら、あの女が待っていてくれるわ。トハが!』という
台詞をきっかけに、銀杏はトハに転生し・・・

盲導犬学校の先生が夫に。銀杏がトハに転生。
ますます話が盛り上がっていきます。
来週はこのあたりのからくりの説明から先に進んで行きます。

ちなみに過去に唐ゼミ☆で公演した時は、
着物の下に東南アジアの服をきておいて、
『トハが!』の台詞で着物を脱ぐことでわかりやすくしていたそうです。

余談ですが、来月のワークショップの戯曲が決定致しました。
来月は『 海の牙-黒髪海峡篇-』です!
私もとても楽しみです。詳細情報は今しばらくお待ちください!
(角川文庫は盲導犬と同じ本に収録されています!)
DEA22E98-3966-4BA1-8CCB-03FB7007193A.jpeg
(この本です!)

『盲導犬』も残り4回になりました!
来週もよろしくお願いします!





トラックバックURL:

コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)