11/15(月)ワークショップレポート(佐々木)

2021年11月15日 Posted in ワークショップ Posted in 唐十郎戯曲を読む『少女仮面』

こんにちは。佐々木です。

今週もワークショップレポートです。

ついに今回から第三場!


春日野八千代に見染められた少女・貝。

貝は春日野から直々に稽古をしてもらいます。

しかし、春日野のいる「喫茶肉体」は、防空壕の跡にそのまま喫茶店を作ってしまった様な場所。

地下鉄工事で天井から土が落ちてきます。


49774BED-B1C9-47DF-B241-F2CBDD0292C8.jpeg

(奈良県に防空壕の跡地のカフェが本当にある!)


どうにか工事をやめさせろという春日野。

そして主任が取った手段は"火をつける事"でした。

しかし、1人に火をつける事を見られてしまいます。その人はずっと水を飲み続けていた水飲み男。

彼は、みんなは戦争から24年経って水道の水のありがたみを忘れていて、あの時の精神状態を忘れずに生きている。と言います。

なので、周りに言いふらすどころか、あの時と同じ火にまみれた風景を作ってくれたと喜びます。

そして今は何も働いていないという男。

主任にどうやって食っているのかと聞かれ、彼は強がり、主食は水と答えます。


唐さんが若松孝二さんとの対談で

劇団員はどう食べているのかと聞かれた時に

本当はアルバイトをしていますが、

唐さん流の強がりで

「みんな食べてねえよ」

と言ったとか。

(なんという強がり!)


今週はここまでです。

来週は主任の気持ちが明らかに。

来週もよろしくお願いします!


トラックバックURL:

コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)